同じ遊びの繰り返しは子供にとって学びの時間。観察力の向上に効果!

観察する子供

おはようございます、keisukeです!

 

今回のテーマは、「同じ遊びをする子供」についてです。

 

子供ってふと見るといつも同じことばかりしていることって多くありませんか?

例えば、いつも車のおもちゃをいじって行ったり来たりさせている。

いつもお気に入りのボールを手に取って、コロコロさせている。

いつも同じテレビアニメを観たがる・・

 

多分、どこの子供も同じことをしていると思います。

ひたすら繰り返すってやつですね(‘ω’)

 

これって結論から言ってしまうと、

子供にとってはものすごく大切なこと、大切な時間になっているみたいです(*’ω’*)

同じことを繰り返していることは、じっくりとその対象のものを観察している

貴重な時間になっているのです。

親としてはなんでいつも同じことをしているのか?わからないし、

もっと他のことにも興味を向けてほしいと考えたりするものでしょうね。

 

でも、ここで親が出てきて

「何いつも同じことばかりやっているのー!」とか

「〇〇も面白そうだから、こっちで遊ぼうよ~」なんて言ってしまうと

子供の貴重な時間を奪ってしまうことになります。

 

せっかく遊びを楽しんでいたのに、

それを途中で中断させられてしまっては

なんだよ!!

となるはずです( ;∀;)

 

だから、基本的には子供がいつも同じことをしていたとしても

それを親は見守って、遊ばせておく、ということが大切のようです。

 

同じことを繰り返すことの意味

ではなぜ子供は同じことをひたすら繰り返すことが多いのでしょうか??

 

大人の場合をまずは考えてみてほしいのですが

何か自分で興味のあるものだったり、好きなものであれば

時間があればずっと見ていたり、考えていたりすることだってありますよね?(*’ω’*)

 

例えば、好きな小説に出合った!面白すぎて何度も読み返してしまう。

例えば、サッカーをもっと上手にできるようになりたい!と思いひたすらドリブルやシュート練習を繰り返す。

例えば、初めて見るものに感動させられてずーっと飽きるまで見てしまう。。

 

なんでも良いんですが、

大人だって興味のあるもの、不思議なもの、好きなものには

時間を気にせずにずーっと向き合ってしまうものってありますよね(‘ω’)

 

子供の場合もこれと同じことなんだと思います。

 

特に子供は見るものが初めてのものばかりです。

そして気持ちが純粋です。

 

子供は同じことを繰り返すことで

  • それがどんなものなのか?
  • どんな動きをするのか?
  • どうしてこう動くのか?
  • とにかく不思議で仕方がない
  • こう動くものなのかと納得
  • 純粋にその遊びに興味がある
  • それをしていることで気持ちが落ち着く、安心する
  • 自分の動きでこんなことができるんだ!という確認作業

等々・・

こんな感じで、同じことを繰り返す中で子供は

いろいろ考えながら「その遊び」を観察していたり感じているのです。

 

同じことを繰り返す、ということはそれだけその遊びについて観察しますし

たくさん考えることになるのです。

ただ何も考えずにひたすら車のおもちゃを押したり引いたりしているだけでもないのです。

 

車が好きな子供であれば、いつも家にいるときには車のおもちゃ・ミニカーなどをいじっている。

ずーっとそのミニカーを観ながら、車の動く様子であったり、タイヤの回る様子、

車が走るスピードなんかをひたすら観る。

そんな近い目線でちゃんとミニカー見えているの?てくらいめちゃくちゃ近い距離で

ミニカーを観て操りながら遊んでいるのです(^_-)-☆

 

これはある意味、学びの時間になっているもので

同じことを繰り返しやることでしっかりと物事を観察できている、ということなのです。

でもそれが子供にとっては大切な時間のようで、安心するそうですよ。

 

反対にすぐに飽きて他のことにばかり気が取られるようなことが多いと

あまり集中できていない。そのものに興味が湧いていない。

しっかりと観察していない、できていない、しようと思えていない。

こんなことが考えられますね。

だから子供が夢中になってひたすら同じことを繰り返すことはそれはそれで

非常に良いことですから親はサポートするだけです!

 

僕も息子によく呼ばれます”(-“”-)”

「パパ~こっち来て~」

「ぶっぶどうぞ~」って(笑)

要は一緒にぶっぶで遊んでくれ、ということです。

 

一人でひたすらミニカーを押したり引いたりして遊ぶこともあれば

パパを巻き込んで一緒にそれぞれぶっぶを押したり引いたりして遊ぶのです。

二人して「ぶ~ん、ぶ~ん」とか言いながらぶっぶで遊んでいますよ(笑)

 

同じことを繰り返し行うことで

精神的にも落ち着くようで、自分一人のとても大切な時間にもなっているようですね。

同じことができる、これをしていると落ち着く、安心する。

というものが子供にもあるようですので、無理矢理遊びを止めるようなことは避けたいですね

 

集中力も格段に身に付く

このように同じことを繰り返す、ということをしていると

子供はじっくりと集中する力・観察する力がついてきます。

 

じーっとそのものにしばらくの間向き合っている。

誰にも止められずに集中して向き合っている。

そうすると自然と一つのことに向き合える時間が長くなり

必然的に集中力・観察力が身に付いてくるのです。

 

自分でしっかりと向き合っていたのに

他の人からいつもすぐにストップさせられる。

もっと見ていたかったのに止められる。

自分の好きなことを好きなようにできないイラ立ち・・

 

こんなことが日常茶飯事だと

子供はいくら経っても集中力や観察力なんて身に付きません。

強制的に興味のあるものから離されてしまっては

どうにもこうにもなりません。

子供は子供なりに考えていると言われています。

 

いつも親が「ほら、さっさと片づけして!」なんてことを言っていると

子供にしたら、「もっと遊んでいたいのに~」「なんだよパパ!おもしくねっ!」

そんな風に子供に思われてしまうことにもなります。

 

家庭のその時々の状況もあるのは当然わかります。

お出かけするときなど、時間に縛りがあるときに

自由奔放にのんびりやられていたら、準備もできないし物事が進まない!

そんなことは当然あるでしょう。

 

その時々の状況に合わせて上手に子供を見守っていく必要があります

 

ただ、極力は子供の遊びを止めずに、

子供の集中している時間、観察している時間をしっかりと確保してあげたいものです。

 

パパ・ママにも都合がありますから、いつもいつものんびり見守っていくということも難しいかもしれません( ;∀;)

 

しかし!臨機応変に子供の時間も上手に取ってあげましょうね!

 

そうすれば子供も自分ができることや興味のあるものがしっかりとわかってきて

毎日が楽しい!という気持ちで溢れ笑顔がたくさん出てくるようになりますよ~(^^♪


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*