意図を考える。子供の言葉、聞き流してはいませんか?

keisukeです!

 

最近、ふと考えることがあります。

それは、

どれだけ普段、

子供の言葉をちゃんと

聞いているかな??

ということ。

 

親って毎日忙しいから

自分のことで精一杯だから

つい子供の言葉に

真剣にならず

聞き流してしまうものでは

ないですか??!

 

あっ、

今適当に流しちゃった・・って(‘ω’)

 

まぁ誰でも少なからず

そんなことはありますが

もっと子供の言葉に

真剣になりましょう★と

言いたいのです(^^)/

 

意図を理解!

子供の言っている事を

100%理解するって難しいですが

でも!

今、この子が

どんな意図があって

どんなつもりで

そのことを言ってくれたのか?

そこを考える必要があるなと

思いますよね(*^^)v

 

2歳とか3歳にもなってくると

言葉も発達してくるし

自分で話したり聞いたり

することができるように

なってきます。

 

そして相手の表情を見て

感情を読み取る力?

身に付いてくるのです。

 

先日息子と話している時に

僕も疲れていたので

 

おぉ~すごいね~

どうして~?

 

とかそれなりに

聞いていたのです(‘;’)

 

そしたら息子が

パパっ!聞いて!!

と叱られてしまいました(笑)

 

そんなつもりはなかったけど

子供にしたら、あまりちゃんと

聞いてくれていないようにも

感じたのかもしれません。。

 

いけませんね!!

 

子供であっても

ちゃんと表情や声のトーンを

気にしているのです。

分かっているのですね~(^_-)-☆

 

それが続いていくと

子供も本当にわかってきます。

パパ、話聞いてくれない。

と”(-“”-)”

 

まずいですよ!

そんなことになったら

子供の方から

遊びを拒否されてしまいます!

 

そしてそして、

子供がこちらに向かって

話してくれているということは

ちゃんと意味があってのこと!

そう考えないといけないと

改めて感じました(‘ω’)

 

どんな意味があるか?

子供がこちらに話しかけてくれる時

ちゃんと意味がある、

ちゃんと理由がある、

ということ。

 

僕は気づかされましたよ( 一一)

当たり前のことを

少し忘れかけていた、と。

 

誰でもそうですが

人に何かを話す時って

何かしら理由がありますよね?

 

面白いことがあったから聞いて!

とか

伝えたいことがあるから聞いて!

とかね(^^♪

 

それって子供も同じなんです★

当たり前ですよね?

同じ人間ですもの。

 

一生懸命話しかけているのに

相手がこっちも見ずに

適当な返事をしてきたら

誰だって嫌ですよね??

 

子供だって同じなんですよ~

 

そしてその意味・意図を

考えてあげることも

大切なコミュニケーションに

なると思うのです(^^)/

 

例えば、

ブロックで何かを作って

こちらに見せてくれた★

あーでこーでと

子供は一生懸命話してくれます♪

子供は一生懸命作ったブロックを

見てもらいたかったり、

とにかく話したいのです!

 

そんな時に

ちゃんと聞いてあげるのです!(^^)!

 

これはどうやって作ったの?!

とか

すごいね!こんなもの作れるの?

とか★

なんでも良いのですが

ちゃんと聞いているよ!

という姿勢を子供にも見せていくことが

大事な気がします。

 

そうすると

子供は喜びます!(^^)!

大人だって人に話を

聞いてもらったら嬉しいもの。

 

子供だって嬉しい!

だから!

疲れているかもしれないけど!

いろいろ感じるかもしれないですが、

ちゃんと子供の一生懸命さを

気にしてあげましょう★

 

いつも適当に流していると

子供の方から

逆に愛想つかされますよ( 一一)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナの影響でお出かけNG?今子供とできることを考えてみる。

子供

keisukeです。

ここ最近連日メディアでは新型コロナウィルスのニュースばかりでもちきりですね。

僕が住んでいる北海道でもどんどん感染者が増えているということで何だか落ち着かない気持ちにもなりますよね。

みなさんのお住いの地域はどうでしょうか?

もともとは中国で始まったこの流行ウィルスですが、今や日本全体にまで広がりつつあります。

スポーツなどのイベント行事にもかなりの影響が出ているようです。

そして東京オリンピックも「分散開催」とか「期間短縮」などの措置を検討しているようですね。

世間では、

人ごみを避ける

不要不急の外出はしない

など様々な対応策が言われています。みーんな極力家に閉じこもって静かにしていましょう、と。

まぁ、これだけ騒がれていると致し方ないものかとも思いますが果たして本当にそれで良いのか?!

みんなが閉じこもっているだけで良いのかな?と感じてしまいました。

自分にできることは?

確かに無駄に外出して体調を崩すようなことがあっても良くないし、それが原因でまわりにもまき散らすようなことがあれば絶対にNGですよね( ;∀;)

だから基本的には特別用事がなければ家にいよう!というのは賛成!(^^)!

でもそれだけで良いのかな?今、新聞などでも取り上げられていますが経済が今後このコロナをきっかけにどんどん衰退していく!

リーマンショックに匹敵するくらいにまでなると??

家に閉じこもる人が多くなると消費が増えないので店舗なども売上がなくなり疲弊しますよね。

ホテルや飲食店なども観光客頼りのところは観光客減少に伴いどんどん人が来なくなる。売上が下がる。

どんどん悪循環になります。

家にこもるのは今の状況を踏まえたら大切なことかもしれません。

しかし、それだけではない。

マスクを探してみたり・・

家にいなきゃとずっと閉じこもっていてはすぐに収束してくれれば良いですよね。

でも!!

巷では、マスクがない!!

どこにもない!!とマスク不足が言われています。

今はどこに行っても人がいません。少ないです。だからそこを逆手にとって店舗に行ってみるとか。

そしてマスクはないか?探してみる。行動してみる。そしたらたまたま運よく見つかるかもしれない。

どこ行ってもないよ!なんて言わずにまずは自分でできることを

やってみる。

行動してみるってことは

大切なのかなと思うのです。

もし見つかればマスクがなくて困っている人に送ってみたって良いのです。

自分ももちろんマスクは必要かもしれないのですが、自分!自分!ではなくて、周りを見てみる。周りの人の為にできることをやってみる!

そうすれば、良いエネルギーが少しずつみんなにも回っていくのか?

そう思います。

今、みーんな「心配」とか「不安」とか良くない感情を持ちがちですよね。

それはしょうがいないことではあります。

しかし、「心配」とか「不安」とかの感情を持ち続けていると、どんどんそんな状況にハマっていくのでは?とも感じてしまうのです。

「心配」「不安」を前面に押し出していくのか?

それとも先ほど書いたように周りの人を想い、自分ができることやれることをやってみるか??

人が少ないだろうと逆手にとってあえて子供を連れて飲食店に入ってみる。

そこで家族で飲食をさせてもらう。

消費ができればそれがたとえ1円であろうと10円であろうとお店で働いている人の為になるのでは?

少しは貢献できたことにもなるのではないでしょうか?

そんな小さなことで良いと思うのです。できることをやる!そんなことができれば意外に早く収束に向かうかも??

あなたは心配・不安と言いますか??

それともできることを

ちょっとでもやってみようと

思うことができますか??

そのどちらが正しい!ということはありませんが、どうせなら良い流れを作り直していきませんか??

きれいごとでも何でもいんですよ。

子供も含めて家族みんなで

今できることは何か??考えてみる

良い機会!と捉えてみるのも

一つかもしれませんよ。

早く世の中に元気が

戻ってきますように・・

東出に学ぶ不倫。家事をやり不倫もしちゃう男としないが家にいる男。

車で外出

keisukeです。

先日俳優の東出昌大さんの不倫報道がテレビで流れていてある意味ショックだったのと納得できる両方の感情を持ってしまいました。

不倫報道はいつの時代もなくならず、年々エスカレートしていっているようにも感じてしまいます。そんな報道を見るたびに思うのです。

子育てをしている立場から家事・育児を積極的にするけれども不倫をする男

vs

家事・育児は一切といっていいほど何もやらないけど不倫はせず家に籠る男

どっちが支持を受けるかな?と考えてみたのです。。

奥様の気持ちを考えると

そりゃー

家事・育児も積極的で不倫もせず健全にいてほしい!と思うのは当然ですが!

でも世の中そんなにきれいにスマートな人だけではないはず!

結論!

僕は前者を支持します!

上の二者をまず奥様の気持ちで考えると家事も育児もせずに何もせずにただ家にいるだけの存在感ゼロ男!であればいてもいなくてもいーだろ?となるのではと推測しました。

家庭や夫婦というものは夫と妻が支え合って協力し合うことで成り立つもの。それなのに、協力姿勢がいっさいなく、居座るだけとなると何のためにいるんですかー!?となってしまいますでしょ!

なにしてんねん!!

一方、家事・育児に積極的な人って、、やっぱりなんだかんだで助かる!!!っていう結論に達する(‘ω’)

一緒に辛さを共有してくれたり協力してくれる人に嫌な気持ちを持つ人はいないでしょう。

まぁ、できもしないのに余計な手間ばかりかけてくるような人には逆の感情を抱くでしょうが( ;∀;)

ね!

ほら、お皿洗っておくよ!

俺が子供2人お風呂入れるよ!

寝かしつけ俺が担当!

掃除しておくよ!

誰が嫌な気持ちになりますか??

僕が女性であったとしてもそう感じてしまうでしょう~

で、肝心の・・

じゃぁ、家事・育児に積極的だけど不倫するって( 一一)

どうさ??!

不倫といって程度の問題もありますが、家ではあらゆることに積極的で家の外でもあらゆることに精を出して元気満々!!

そんなイマドキ男子はある意味爽快感があり指示を受けるのか??

不倫って一時の感情の問題のはず。それが度を越していくと収集つかなくなる。

今回の東出さんの不倫も事がどんどん大きくなっていって大変なことになっているけれどそれは男側のやり方がしっかりしていないからかな。

自分が男だからと言うわけではありませんが、家の外で何かするならいい意味でも誰かにバレているようじゃ全然だめでしょ(‘ω’)

後始末くらい

自分でしっかりとしないと!

そもそも奥さんのこと家族のことが嫌になり別れる前提でもない限りね。。

だって、本気でそっちの女性のもとへ行きたくて不倫している人って案外少ないと思う。

今の生活にどういうわけか刺激がなくなってしまいそれをたまたま外に求めてしまった( 一一)(言い訳・・?)

でも本当は家族が大好きな気持ち愛する気持ちはある。

非常にアウトのようなことを言っているような気もしますがみんなそうだと思うんですよ~

家のこともちゃんとやりますし

あなたを愛しています。

でもちょっと外でも遊びたくなる

気持ちがあって別の女性と

遊んでしまいました。

そしてそれを隠していてすいません。

もうやりません。

てな感じでやっぱり男はね家のことにも全力!そして不倫でもしてしまうくらいの勢いがある全力男でなければ務まらないのです( *´艸`)

ごめん不倫しちゃった!で、すまないケースも多いようですが

家でも

外でも

全力!

家でも

外でも

遊ぶ!!

不倫自体を肯定するわけではないですが、家で何もせずにノホーンとしていて奥様に迷惑かけるくらいなら男なら外に出て不倫でもしてみろ!と言いたいということです。

なよなよ男子が近年多いようですが家事も育児も遊びも全力でやる!

悪いことは悪い!

謝ることは謝る!

やりたいことはやりたい!

それを奥様としっかりと話し合える強さを男は持つべきだと感じますよ!

さ、あなたの旦那様は

いかがでしょうか??

子供におもちゃでプログラミングを楽しく学ばせる簡単な方法★

keisukeです!

 

2020年から小・中・高校でプログラミングが必修化されます。

 

文部科学省(プログラミング)これからあなたのお子様も学校で必ず!

 

このプログラミングを学んでいくことになるのです。必ず!わからないからやらなくも良い!という話ではないのです。

 

おそらくテレビニュースなどでもプログラミングについて頻繁に情報が流れているので概要はわからなくても知ってはいる!という方も多いはず。

 

でもプログラミングなんてわからない!とか自分達が学生の頃はプログラミングなんて必修でもなかったし
やったことがないから子供に教えることもできないよ!?とかとにかくわからん!!

 

いろんな不安がさまよっていません??

 

正直必修化と言われても何を子供に何をさせたら良いのか?親としてどうしたら良いのか?
迷っている・・なんて方も多いでしょう。

 

でもでも!

 

必修化ですから時代は進んでいるんだなーとのんきに構えているわけにもいかなくなってきますよ(笑)!

時代遅れになる!

最近やたらとプログラミングという言葉を聞きますが、どんなものかわかりますか??

 

簡単に言うと、「コンピュータに意図する処理・仕事をしてもらう為に指示・命令させる行為」を言います。

 

コンピュータは自分で物事を考えて動くことができません!動きは全て「人間」が指示する。
そして初めてコンピュータが動くのです。

 

その「動き」を、どう動かせるか?を考えて指示・命令してあげることが人間の仕事になるのです。

 

このいわゆる「プログラム」を作ることをプログラミングと言います。

 

これからの時代はこのプログラミングというものが主流になるといわれており、「できて当然!」というようになってきます。

 

プログラミングというもの自体は昔から存在しています。

 

今まではどこか「機械いじりが好きな人」「コンピュータ操作が好きな人」がプログラミングをやっている。
そんなちょっとした傾向がありました。

 

だから興味のない人はやらないし、どんなものかもわからない!

 

でもこれからはそうでは困るのです!時代の流れ!といってはそれまでです。

「ただ覚えて暗記」という教育は見直され、自分の頭で考えて試行錯誤を繰り返し目的を達成させる。
そんな「思考力」をしっかりとつけていく教育が主流になっていくのです。

 

学校教育自体がそう変化していくので我々親もそう。
実際に学びに行く子供達にも「考える」ということをもっともっとさせていく必要が出てくるのです。

 

この流れにちゃんと乗っていかないとあなたの子供はただの「つかえない」人間になってしまうだけです”(-“”-)”

 

ただ覚えるだけ

考えることができない

そんな人間になってしまう・・

 

これからはそんな人間は必要でなくなります。

 

仕事をするにも、生きていくにもこの「考える」ことが習慣化されていないとやはりまわりの人とも上手にやっていけなくなる( ;∀;)

 

僕の息子は3歳ですがこれから小学校に行くようになる頃には当たり前のようにプログラミングをやっている。。
そんな時代が訪れて、息子も学んでいく必要があるんだなーどうしよう~とずっと考えていました(*‘ω‘ *)

 

そんなときに良いものを見つけたのです!(^^)!

 

それが「3歳からできるプログラミングカー」というおもちゃです(^^♪

おもちゃで楽しく学ぶ!

プログラミングカー

最初は何者か?!と思いましたが簡単です!

 

このおもちゃの遊び方は「命令カードで車に道順を指示しその通りに走行させる」というもの(*^^)v

【同封されている主なもの】

車(ミニカー)本体

命令カード

走行パネル(版)

 

走行パネルという車を走らせる版みたいなものがあります★
そこに「本屋さん」とか「お花屋さん」とか「遊園地」とかまぁいろいろと絵が描かれている。

 

どこを出発地にして

どこを目的地にして

走らせるか?を自分で決める。

 

命令カードとは「まえ」とか「みぎ」とか「ひだり」とか「うしろ」とか車が進む「方向」が書かれています(^^♪

このカードを使って車に命令します(^^♪

★流れ★

①パネルを見て出発地と目的地を決定する!

②決めたルートに沿って命令カードを車に一つずつかざして命令していく。

かざすとピッと音が鳴り命令完了になります!

③車にあるスタートボタンを押し実際にスタート!

で、動く車を眺めていると本当に指示した通りに走っていくのです!(^^)!


普通のミニカーとかですとまーっすぐにしか進みませんよね?基本的に。

 

でもこのプログラミングカーは自分で指示した通りに曲がったりできるというところがすごい!

 

まっすぐだけではなくちゃんと指示した箇所で指示した方向へ曲がる。その結果目的地まで走っていく。

 

単純なようですごいことですよ!(^^)!

 

子供はなかなか今までのおもちゃではそんな体験できなかったでしょう。ただ車のおもちゃを押しては進ませる。。
そして遊んでいく。自分の手で、手動で。

 

でもこれは違う!

 

頭で考えたことを車に覚えさせ指示通りに動かせる!!

 

これまでになかった新しいおもちゃ、面白いぜ!!

親が一緒に遊んであげる!

自分で考えた通りに車を走らせていくことができる画期的なおもちゃですが一つ注意があります(‘ω’)

 

一応このおもちゃ「3歳~」となっていますが3歳の子供ではまだ一人で遊ぶのは難しそうです・・(‘;’)

 

というのも、

 

「まえ」とか「みぎ」」とかいう命令カードをもとに指示を出して行きます。
しかし、まだちゃんと「前」とか「右左」みたいなものが3歳頃だとはっきりわからない!!

 

「自分で考えて車を動かせる」ということ自体ちゃんと理解できるほどではないはずなのです。

 

だからまず初めは親が一緒になってやり方を教えるなり面白さを伝えていく。

「車が手放しでも動く!」「前進や曲がったりを繰り返す!」ようなことができる面白い車!

 

というくらいのことを子供にわかってもらう程度で十分なのかなと思いました。

 

3歳の息子と遊んで感じたことは初めは息子もぽかんとしており親である僕の方が興奮して遊んでいた!ということです(笑)

 

これは今すぐ!

 

子供にプログラミングというものを覚えさせる!ということよりも「なんだか面白い!」という感覚を!
「自分で考えて動かせる」ということも学んでいってくれたらそれで良いかなという感じで遊ぶのが吉かもしれません(‘ω’)

 

でも一生懸命命令カードを車にかざそうとしてくれるのでなんとなくは子供にも伝わってる?
と感じたりもしていますよ(^_-)-☆

 

まぁ、何はともあれ新しいことを学ぶのは早いに越したことはありません★
今からでも「プログラミング」に「触れさせる」機会をこんなおもちゃを通してでも作ってあげれたら最高ですね!

 

幼稚園のお友達では既に「プログラミング」を習わせている!とか習わせようと考えている!
という人も多いようです( ;∀;)

 

だからまわりに後れを取ることのないように今のうちから「遊び感覚」で触れてみるのは良いかもしれませんね。

 

本や教科書的なもので学ばせようとしてもまだまだ早いし、どこかに習わせようとしても正直子供がやる気になるかは全くわからない( 一一)

 

興味のない、わからないものに無理やり子供を従わせ習わせようとしても無駄な話です。

 

そして小さなうちからいろいろなものに慣れておく。触れておくということが自然に吸収する力も存分に発揮できます。

 

あとから勉強させようとしてもなかなか興味を持ってくれてなくて困る!ということも出てくる。

 

だったら家で遊びながらできることを楽しく親とできた方が「楽しい」という感覚が残る★
そのうちでもプログラミングというものに本気で興味を持ってくれる可能性が高くなるのでは?

 

まずはおもちゃを通してきっかけづくりから始めるのが良いかもしれませんね。値段もお手頃価格なのでぜひお試しください♪

自分のメンタルを正しく保つ。子供であっても実は他人という話。

自分を保つ

keisukeです。

 

子育てしているとストレスを

感じることが多くありませんか?

 

子供のこと

家のこと

~ができるできない

子供とのコミュニケーションのこと

しつけのこと

子供との遊びのこと

 

たくさんあります、ストレスに

感じることなんて。

子育てをしていてストレスを

感じないなんて人は絶対にいないはず。

 

ところで、みなさん家族のことは

大好きですか?

夫のこと、妻のこと、子供のこと、、

それはもちろん大好き、か(笑)

 

でも最近感じることは

結局はみんなは実は他人

とうこと。

 

ん?

ものすごーく冷たい感じがします?

最近改めて痛烈に感じているのです。

これがわからなくてストレスを

感じてしまっている人が多いようです。

 

他人といっても家族じゃないとか

関係ない人みたいな意味ではないです。

 

子育てしながらいろいろと

子供のためとか頑張っている

パパやママが多いものですが、

それってときに

ただ疲れてしまうだけじゃない?と

感じることがよくあるのです。

 

親と子供

 

もちろん家族ではあるのですが

よく考えてみたら

それぞれ一人の人間です。

 

親である僕たちもそう、

子供達もそうです。

家族ではあるんだけれども

実は個を持った一人の人間だ

という感覚をやはりしっかりと

持つ必要があるのかな?

なんて考えたりするのです。

 

子供は一人の人間

子供だって一人の人間です。

当たり前ですが。

僕らだって人間です。

そんなことわかっています。

そして家族です。

 

ですが、そうなのですが

あまり

家族だから!とか

みんな同じだから!などという

ある意味制限をかける、縛りを

かけることは良くないということ。

 

よくありませんか?

子供が楽しく遊んでいるのに、

親がその場に入っていって、

 

こうしたほうが良い!とか

それやめなさい!とか

反対に、それ良いね良いね!

パパもやりたい!とか

一緒にやろうとか!

それは我が家のルールで

認めない!とか

いろいろと子供に干渉に

入ってしまう、そんなことも

多いのではないでしょうか?

 

 

これが知らず知らずのうちに

一人の人間である子供の

聖域・領域に入ってしまい

子供の「個」なり人間としての

尊厳を乱してしまうことにも

なっているということなのです。

 

 

まぁ、普段よくやっていること

だとは思いますが。

子供の方も何も言わない、感じない

ような子供いるかもしれませんが

ある程度「個」が出来上がってくると

 

 

そんなこと俺は良いと思わない

とか

俺はこうやって遊びたいんだよ

なんていうように自分の意思だったり

考えが出てきます。

 

そんなときにあまり親の干渉が

強かったりすると

子供は親に対して

怒りの感情を持ってしまったり

負の感情を強烈に持ってしまうことが

出てくるかもしれません(‘ω’)

 

俺だって一人の人間なんだ!

ほっといてくれ!

 

テレビのニュースで事件で

取り上げられることが多くないです?

親と子供のいさかいによって

子供が親を・・

なんとも残念なニュースは多いですが

実のところ、親と子供のそんな関係の

崩れなどから関係崩壊にまで

至ってしまった結果のように

どうしても感じてしまうのです。

 

子供は子供の意思がある

そんなことにならないために、

やはり改めて認識を変える必要が

あるのだと思います。

 

いくら子供が大好きだからと

いう気持ちもわかりますよ。

でも違うんです。

他人なんです。

これは個を持った一人の人間

という意味。

このことを認識できないと

親だって、

子供がかまってくれないだの

自分の子供なのにどこか

よそよそしいだとか

自分の想い撮りにいかないと

感じるストレスが溜まり

メンタル的にやられてしまいます。

 

反対に子供の方だって

いつも親に執拗な干渉ばかり

されているとそれこそ

メンタルをやられてしまいます。

 

そうならないためにも

一人の人間だ!ということを

正しく認識するのです。

 

僕だって子供が大好きだし

子育て=遊びと考えているから

時間を見つけては子供と遊ぶように

していますが、たまに子供の方から

拒否されることすらありますからね(笑)

 

いや、今はいーわ

みたいな(笑)

まだ3歳手前なのに( 一一)

 

それは自分でやりたいことがあるから、

自分はこれがしたいんだという意思の

現われでもあるんだなと思いました。

 

 

家族であっても領域は乱さない

結局子供は子供なんですよ。

一人の人間なんですよ。

 

親である僕らの所有物でもないし

家族だからと縛り付けることも

できないんですよね。

 

これって何もさみしい気持ちで

捉える必要はないのです。

家族ではあるのだけれども

それぞれみんな個を持った

人間なんだよ、というだけ。

 

家族だからと土足で踏み入ったり

するのはマナー違反!

家族であっても相手の尊厳を

大切にすること。

そして勝手に相手の領域にまで

入っていかないようにすること!

 

簡単なようでなかなか

できていない人が多いですから

今改めて考えなおしてみませんか?

 

 

可愛い可愛い子供だからこそ

子供のために領域は守りましょう。

 

家族だからこそ!

自分の子供だからこそ!

 

自分だってそうじゃないですか?

自分の落ち着く場所に

いくら可愛いからと子供がドサクサと

入ってきたら・・

イラっとするし、やめてー!と

なりますよね。

 

みんな実は同じなのです。

 

それがかわれば、

ストレスも軽くなるのでは?

 

 

子供は立派な一人の人間です。