子供の一人遊びの時間を増やして創造力を身に付ける!

一人遊びをする子供

おはようございます、子育て奮闘中のkeisukeです。

 

今日は「子供の一人遊び」について書きます。

 

みなさんのお子さんは、普段からたくさん遊んでいますか?

パパ・ママと一緒に遊んでいますか??

お友達と遊んでいますか?それとも一人??

 

遊び方にもいろいろありますが、

子供の成長を考えたときに

一人遊び」というものが非常に効果があり、

有効な方法と言われています。

なぜなら、みんなで遊ばせることも

当然大切ですが、

一人で遊ぶことを習慣にしていると

子供の創造力が爆発的に向上したり

供自身の自信をつけること

繋がっていくからです。

 

つまり、これからは一人遊びを

軽視することなく

積極的に一人遊びの習慣・時間を

作っていく必要があるのです。

 

よく、「一人遊び」ばかりしていると、

もっとまわりのお友達とうまくやってほしいとか、

一人で遊んでばかりで大丈夫かな??と

心配になる親も多いようですね。

確かに、自分の子供がいつもいつも一人で遊んでいると、

「もっと周りをみたら??大丈夫かな?」

と心配になる気持ちもわかります。

 

しかし、子供の成長を考えたときには

むしろこの一人遊びを積極的に

させてあげたほうが良いのです。

 

◆こんな人に読んでいただきたいです!◆

  • 子供の一人遊びについて悩んでいる!
  • 一人遊びは心配だと感じている!
  • 一人遊びの効果について考えてみたい!

 

一人遊びで

自分に自信がつく!

一人で遊んでいるときの子供をみてください。

一人夢中に、静かにその遊びに

没頭していませんか??

ふと、

「あれ〇〇ちゃん何してるかな?」と

思ってみてみると

一人で何か真剣に遊んでいる。

あれって実は本当に大事なことなのです。

一人遊びが重要な理由を考えてみましょう。

 

①自分だけの世界に集中できる

一人で遊んでいるときって、

周りの雑音や外からのありとあらゆる刺激から

自分を無意識のうちに守っているようです。

一時的に自分個人と周りとの接点を

シャットアウトしているのです。

 

完全に自分の世界

 

誰にも邪魔されない、

自分だけの自由な世界。

そんなストレスのない環境で、

自分の好きなことや興味のあることに

集中できることは

子供にとってはストレスがなく、

とっても良いことなのです。

 

大人でも一人になりたい!

そう感じることはありますよね?

いつもは誰か周りの人と

一緒にいることが多くても、

たまにふとした時に一人になりたい

感じることがあるはずです。

それは子供でも同じことなのだと思います。

 

一人になりたいときには誰からも

声をかけられたくはないはずです。

自分一人で集中して何か物事に

向き合いたいと考えることもあるのが普通です。

だから子供が一人で集中して

何かに取り組んでいるときには

できるだけ自由に好きなように

させてあげることが一番大切なのです。

 

②自分ができることを確認している

一人で遊んでいると、いろいろな遊びを

通して子供は自分のできることは

どんなことでできないことは

何なのかを確かめています。

 

子供は一人夢中になり、

「あ、僕はこんなこともできるんだ!」

「これってこんなに楽しいんだ!」

「これはこうやることで、

こんなふうになるんだ!」

 

こんなことの繰り返しが

子供の自信にも繋がっていくと言います。

一人で集中して取り組んでいるので

他に邪魔されずに

じっくりと自分と向き合い

確認作業ができるのです。

 

これが絶対に大切!

 

小さい頃からこのような経験を

たくさん積んでいると、

子供は自分に自信を持てるようになり、

自分に対しての自己肯定感も

ますます向上していきます。

その自信から余裕が生まれます。

そして、まわりの人間に対しても

肯定的な考えで向き合うことが

できるようになり、まわりとの関係も

うまく構築できるようになっていきます。

 

自分の好きなようにできる環境が整っていると

子供はストレスを感じることがなくなります。

自分はこんなに自由にさせてもらっているんだ、

と考えるようになり気分が良くなるようです。

自分は気分が良い、だから他の人のことも

しっかりと考えていかないと!と考えるのです。

 

よく心配されるような、

一人遊びばかりしていては

友達ができないとか

人間関係を上手に築けない

大人になってしまう、

というようなことはないようです。

 

反対に、小さい頃にこの一人遊びを

十分に行っていないと

自分に自信を持てるきっかけもなくなり、

物事に集中する力が弱くなってしまいます。

そうなってしまうと、自分にそもそも

自信が持てていないわけなので、

まわりの人間に対しても肯定的な対応を

取れなくなってしまうのです。

それが喧嘩のもとになったり、

精神的に不安定な人間になって

しまうことにも繋がるようですよ。

 

一人遊びの時間を

増やして創造力を育む!

一人の時間が増えると、子供は考えます。

自分がしている遊びに対しても

 

「こう遊び方を変えてみたら、

どうだろう?」

「こういうことも

できるんじゃないかな??」

などと、オリジナルの発想

するようになっていきます。

 

これが大切!

 

現代っ子は、周りの人や

大人から言われたことに対して

しっかりとルールを守って行う、

ということができる子供は多くても、

自分で考え発想できる力に富んだ

子供が圧倒的に少ないと言われています。

 

こんなことも踏まえ子供に対して

どう向き合っていけば良いのでしょうか??

 

①たくさん一人遊びをさせる

とことん一人遊びを子供にさせて

あげたほうが結果的に

子供の将来を考えたときに

より子供の成長が加速していくのです。

 

全ての基礎が一人遊び!といっても

良いのでは?と感じてしまうくらいです。

 

よく、子供が遊んでいるときに、

「ごはんの時間だから、遊びはおーしまい!」と

遊びに没頭している

子供を止めてしまうこともありますよね??

 

でもこれはあまり良くないようですね”(-“”-)”

 

ちょっとやそっとごはんの時間が

遅くなっても問題ないですよね?

ちょっと片づけの時間が遅くなってしまう

可能性はありますが

大切な子供の成長を考えたときに、

せっかくの遊びを途中で無理やり

止めさせてしまうのはなんとも

子供に申し訳ない!

 

とにかく子供が飽きるまで、

穏やかな気持ちで子供の遊びを

見守ってあげることが親としての

大切な役目なのかもしれません(*^^)v

そうすると、子供の方からじきに

止めてくれるときが来るものです。

 

②一人遊びができるかは

個人差があると考えること

一人遊び、できる子供と

あまり得意でない子供、

一人遊びができるようになる時期などは

個人差がありますから

自分の子供はまだできていない、

とか変な心配はいらないと思います。

 

できる時期もできる遊び方も

それぞれですから

自分の子供に合わせた遊び方を

あくまでさせてあげましょう。

 

たくさん遊ばせよう!と考えて

親が張り切りすぎたり、

頑張りすぎても逆に良くありません。

親が焦ってしまうと

自然と子供に遊びを

強要するような形になってしまいますから、

子供のペースを見ながらゆっくりと

少しずつ進めていければ良いと思いますよ~(^^)/

 

遊びに上手も下手もないと感じます。

その子供が楽しんでくれることが大切ですから、

子供のことを第一に考えて遊びを工夫していきましょう。

 

一人遊びで言うことを

しっかりと聞いてくれるようになった息子

うちの息子も一人遊びは

よくしているほうです。

そんなときは声をかけずに

自由にさせています。

いわゆる、

ほったらかし状態です(‘;’)

 

でもこれが効果を発揮したのか

一人遊びを習慣にして自由に

させていることが多くなってから

こちらの言うことをしっかりと

聞いてくれるようになってきたのです。

 

それまでは親の都合で、

遊びを止めさせたり無理やり他のことを

させたりしていました。

しかしそれではいけないとわかり

一人遊びを徹底!

それ以降は本当にびっくりするくらい

言うことを聞いてくれるのです。

 

自分で満足できる機会が増えたおかげで

人の気持ちをわかってくれるように

少しはなってきたのかな?

そう感じるようになりました。

だからこれからも

適度にほったらかしにしていこう

思いますよ(*‘ω‘ *)

 

一人遊び、ものすごくおススメします★

 

★この記事も読んでほしいです★
ほったらかし子育てが子供に良い★

自由な環境で子供を遊ばせる!

 

 

 


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*