遊び 

意図を考える。子供の言葉、聞き流してはいませんか?

keisukeです!

 

最近、ふと考えることがあります。

それは、

どれだけ普段、

子供の言葉をちゃんと

聞いているかな??

ということ。

 

親って毎日忙しいから

自分のことで精一杯だから

つい子供の言葉に

真剣にならず

聞き流してしまうものでは

ないですか??!

 

あっ、

今適当に流しちゃった・・って(‘ω’)

 

まぁ誰でも少なからず

そんなことはありますが

もっと子供の言葉に

真剣になりましょう★と

言いたいのです(^^)/

 

意図を理解!

子供の言っている事を

100%理解するって難しいですが

でも!

今、この子が

どんな意図があって

どんなつもりで

そのことを言ってくれたのか?

そこを考える必要があるなと

思いますよね(*^^)v

 

2歳とか3歳にもなってくると

言葉も発達してくるし

自分で話したり聞いたり

することができるように

なってきます。

 

そして相手の表情を見て

感情を読み取る力?

身に付いてくるのです。

 

先日息子と話している時に

僕も疲れていたので

 

おぉ~すごいね~

どうして~?

 

とかそれなりに

聞いていたのです(‘;’)

 

そしたら息子が

パパっ!聞いて!!

と叱られてしまいました(笑)

 

そんなつもりはなかったけど

子供にしたら、あまりちゃんと

聞いてくれていないようにも

感じたのかもしれません。。

 

いけませんね!!

 

子供であっても

ちゃんと表情や声のトーンを

気にしているのです。

分かっているのですね~(^_-)-☆

 

それが続いていくと

子供も本当にわかってきます。

パパ、話聞いてくれない。

と”(-“”-)”

 

まずいですよ!

そんなことになったら

子供の方から

遊びを拒否されてしまいます!

 

そしてそして、

子供がこちらに向かって

話してくれているということは

ちゃんと意味があってのこと!

そう考えないといけないと

改めて感じました(‘ω’)

 

どんな意味があるか?

子供がこちらに話しかけてくれる時

ちゃんと意味がある、

ちゃんと理由がある、

ということ。

 

僕は気づかされましたよ( 一一)

当たり前のことを

少し忘れかけていた、と。

 

誰でもそうですが

人に何かを話す時って

何かしら理由がありますよね?

 

面白いことがあったから聞いて!

とか

伝えたいことがあるから聞いて!

とかね(^^♪

 

それって子供も同じなんです★

当たり前ですよね?

同じ人間ですもの。

 

一生懸命話しかけているのに

相手がこっちも見ずに

適当な返事をしてきたら

誰だって嫌ですよね??

 

子供だって同じなんですよ~

 

そしてその意味・意図を

考えてあげることも

大切なコミュニケーションに

なると思うのです(^^)/

 

例えば、

ブロックで何かを作って

こちらに見せてくれた★

あーでこーでと

子供は一生懸命話してくれます♪

子供は一生懸命作ったブロックを

見てもらいたかったり、

とにかく話したいのです!

 

そんな時に

ちゃんと聞いてあげるのです!(^^)!

 

これはどうやって作ったの?!

とか

すごいね!こんなもの作れるの?

とか★

なんでも良いのですが

ちゃんと聞いているよ!

という姿勢を子供にも見せていくことが

大事な気がします。

 

そうすると

子供は喜びます!(^^)!

大人だって人に話を

聞いてもらったら嬉しいもの。

 

子供だって嬉しい!

だから!

疲れているかもしれないけど!

いろいろ感じるかもしれないですが、

ちゃんと子供の一生懸命さを

気にしてあげましょう★

 

いつも適当に流していると

子供の方から

逆に愛想つかされますよ( 一一)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供におもちゃでプログラミングを楽しく学ばせる簡単な方法★

keisukeです!

 

2020年から小・中・高校でプログラミングが必修化されます。

 

文部科学省(プログラミング)これからあなたのお子様も学校で必ず!

 

このプログラミングを学んでいくことになるのです。必ず!わからないからやらなくも良い!という話ではないのです。

 

おそらくテレビニュースなどでもプログラミングについて頻繁に情報が流れているので概要はわからなくても知ってはいる!という方も多いはず。

 

でもプログラミングなんてわからない!とか自分達が学生の頃はプログラミングなんて必修でもなかったし
やったことがないから子供に教えることもできないよ!?とかとにかくわからん!!

 

いろんな不安がさまよっていません??

 

正直必修化と言われても何を子供に何をさせたら良いのか?親としてどうしたら良いのか?
迷っている・・なんて方も多いでしょう。

 

でもでも!

 

必修化ですから時代は進んでいるんだなーとのんきに構えているわけにもいかなくなってきますよ(笑)!

時代遅れになる!

最近やたらとプログラミングという言葉を聞きますが、どんなものかわかりますか??

 

簡単に言うと、「コンピュータに意図する処理・仕事をしてもらう為に指示・命令させる行為」を言います。

 

コンピュータは自分で物事を考えて動くことができません!動きは全て「人間」が指示する。
そして初めてコンピュータが動くのです。

 

その「動き」を、どう動かせるか?を考えて指示・命令してあげることが人間の仕事になるのです。

 

このいわゆる「プログラム」を作ることをプログラミングと言います。

 

これからの時代はこのプログラミングというものが主流になるといわれており、「できて当然!」というようになってきます。

 

プログラミングというもの自体は昔から存在しています。

 

今まではどこか「機械いじりが好きな人」「コンピュータ操作が好きな人」がプログラミングをやっている。
そんなちょっとした傾向がありました。

 

だから興味のない人はやらないし、どんなものかもわからない!

 

でもこれからはそうでは困るのです!時代の流れ!といってはそれまでです。

「ただ覚えて暗記」という教育は見直され、自分の頭で考えて試行錯誤を繰り返し目的を達成させる。
そんな「思考力」をしっかりとつけていく教育が主流になっていくのです。

 

学校教育自体がそう変化していくので我々親もそう。
実際に学びに行く子供達にも「考える」ということをもっともっとさせていく必要が出てくるのです。

 

この流れにちゃんと乗っていかないとあなたの子供はただの「つかえない」人間になってしまうだけです”(-“”-)”

 

ただ覚えるだけ

考えることができない

そんな人間になってしまう・・

 

これからはそんな人間は必要でなくなります。

 

仕事をするにも、生きていくにもこの「考える」ことが習慣化されていないとやはりまわりの人とも上手にやっていけなくなる( ;∀;)

 

僕の息子は3歳ですがこれから小学校に行くようになる頃には当たり前のようにプログラミングをやっている。。
そんな時代が訪れて、息子も学んでいく必要があるんだなーどうしよう~とずっと考えていました(*‘ω‘ *)

 

そんなときに良いものを見つけたのです!(^^)!

 

それが「3歳からできるプログラミングカー」というおもちゃです(^^♪

おもちゃで楽しく学ぶ!

プログラミングカー

最初は何者か?!と思いましたが簡単です!

 

このおもちゃの遊び方は「命令カードで車に道順を指示しその通りに走行させる」というもの(*^^)v

【同封されている主なもの】

車(ミニカー)本体

命令カード

走行パネル(版)

 

走行パネルという車を走らせる版みたいなものがあります★
そこに「本屋さん」とか「お花屋さん」とか「遊園地」とかまぁいろいろと絵が描かれている。

 

どこを出発地にして

どこを目的地にして

走らせるか?を自分で決める。

 

命令カードとは「まえ」とか「みぎ」とか「ひだり」とか「うしろ」とか車が進む「方向」が書かれています(^^♪

このカードを使って車に命令します(^^♪

★流れ★

①パネルを見て出発地と目的地を決定する!

②決めたルートに沿って命令カードを車に一つずつかざして命令していく。

かざすとピッと音が鳴り命令完了になります!

③車にあるスタートボタンを押し実際にスタート!

で、動く車を眺めていると本当に指示した通りに走っていくのです!(^^)!


普通のミニカーとかですとまーっすぐにしか進みませんよね?基本的に。

 

でもこのプログラミングカーは自分で指示した通りに曲がったりできるというところがすごい!

 

まっすぐだけではなくちゃんと指示した箇所で指示した方向へ曲がる。その結果目的地まで走っていく。

 

単純なようですごいことですよ!(^^)!

 

子供はなかなか今までのおもちゃではそんな体験できなかったでしょう。ただ車のおもちゃを押しては進ませる。。
そして遊んでいく。自分の手で、手動で。

 

でもこれは違う!

 

頭で考えたことを車に覚えさせ指示通りに動かせる!!

 

これまでになかった新しいおもちゃ、面白いぜ!!

親が一緒に遊んであげる!

自分で考えた通りに車を走らせていくことができる画期的なおもちゃですが一つ注意があります(‘ω’)

 

一応このおもちゃ「3歳~」となっていますが3歳の子供ではまだ一人で遊ぶのは難しそうです・・(‘;’)

 

というのも、

 

「まえ」とか「みぎ」」とかいう命令カードをもとに指示を出して行きます。
しかし、まだちゃんと「前」とか「右左」みたいなものが3歳頃だとはっきりわからない!!

 

「自分で考えて車を動かせる」ということ自体ちゃんと理解できるほどではないはずなのです。

 

だからまず初めは親が一緒になってやり方を教えるなり面白さを伝えていく。

「車が手放しでも動く!」「前進や曲がったりを繰り返す!」ようなことができる面白い車!

 

というくらいのことを子供にわかってもらう程度で十分なのかなと思いました。

 

3歳の息子と遊んで感じたことは初めは息子もぽかんとしており親である僕の方が興奮して遊んでいた!ということです(笑)

 

これは今すぐ!

 

子供にプログラミングというものを覚えさせる!ということよりも「なんだか面白い!」という感覚を!
「自分で考えて動かせる」ということも学んでいってくれたらそれで良いかなという感じで遊ぶのが吉かもしれません(‘ω’)

 

でも一生懸命命令カードを車にかざそうとしてくれるのでなんとなくは子供にも伝わってる?
と感じたりもしていますよ(^_-)-☆

 

まぁ、何はともあれ新しいことを学ぶのは早いに越したことはありません★
今からでも「プログラミング」に「触れさせる」機会をこんなおもちゃを通してでも作ってあげれたら最高ですね!

 

幼稚園のお友達では既に「プログラミング」を習わせている!とか習わせようと考えている!
という人も多いようです( ;∀;)

 

だからまわりに後れを取ることのないように今のうちから「遊び感覚」で触れてみるのは良いかもしれませんね。

 

本や教科書的なもので学ばせようとしてもまだまだ早いし、どこかに習わせようとしても正直子供がやる気になるかは全くわからない( 一一)

 

興味のない、わからないものに無理やり子供を従わせ習わせようとしても無駄な話です。

 

そして小さなうちからいろいろなものに慣れておく。触れておくということが自然に吸収する力も存分に発揮できます。

 

あとから勉強させようとしてもなかなか興味を持ってくれてなくて困る!ということも出てくる。

 

だったら家で遊びながらできることを楽しく親とできた方が「楽しい」という感覚が残る★
そのうちでもプログラミングというものに本気で興味を持ってくれる可能性が高くなるのでは?

 

まずはおもちゃを通してきっかけづくりから始めるのが良いかもしれませんね。値段もお手頃価格なのでぜひお試しください♪