0~6歳の子供の成長にはくすぐり遊びがとっても良い★

成長する子供

keisukeです!

今回はくすぐり遊びの効果についてです!

子供を育てる親としては、自分の子供にたくさん成長していってほしいと思うものです。それはどこの親にも共通する願いだということでもあります(‘ω’)

子供を成長させるために親ができることはたくさんありますが今回お伝えするくすぐり遊びの効果は絶大です!

それは、ただ単に楽しい遊びとしての効果があるだけではなく身体や脳の発達にも役立つからです!(^^)!

つまり、単純なくすぐり遊びを親子で楽しくやってみるだけで子供のいろいろな面が加速的に成長してくれるのです。
それはお金をかけずとも今その場ですぐに子供と上手にコミュニケーションを取ることで子供もぐんぐん大きく変わっていくのです★
何も難しいことでもありません!

簡単な遊びで効果絶大のくすぐり遊びを、ぜひ日常的に取り入れてほしいのです♪

◆こんなことでお悩みの方に特に読んでいただきたい!◆

・子供の成長にはどんなことが大切か?知りたい!

・親としてできることは何か考えている!

・子供の成長について真剣!

・どんな遊びが良いのかいまいちピンとこない!

《くすぐり遊びの効果が出るイメージ!》

①親子で日常的にくっついてくすぐり遊び!

②子供がニコニコしながら楽しみ、身体の感覚や脳が発達!

③運動神経の向上にも効果を発揮!

④同時に反射神経なども良くなり、身体的機能がアップ!

子供の成長に必要とされるものはたくさんありますが、それも年齢によって変わってきます(*^^)v

0~5、6歳頃の子供を育てる場合には、特にからだの脳右脳を鍛えて成長させていくことが大切とされています。
子供、と一言でいってしまうと幅広いのですが、その子供の年齢によってできること、やるべきこと、考えるべきことも変わってくる。

それはあらゆる研究でもわかってきていることなのです。

これは小さいころに十分に身に付けておかないと大人になってからでは遅い!また、からだだけではなく心の発達にも影響してくることがわかってきているからです。

小さいうちに身につけておかないと、運動神経など身体の機能や精神的にも大人になりきれなくなってしまうのです。
今お子様の年齢が5歳未満ということであれば、しつけや勉強といったことよりももっと子供の心・気持ちなどの成長を意識する必要があります!

つまり、勉強ができるとか、ルールを守れるとか、言葉を話すとかそういった「左脳」的な能力は後からでも十分に伸びるため小さいうちはそれほど重要視する必要はないのです。
その左脳的な能力は5、6歳以降に身に付けていくものとされています。
5歳未満の子供に何とか身に付けさせようとしても無理な話なのです”(-“”-)”

からだの脳とは、反射神経のこと!

からだの脳とは簡単に、反射神経のことです。
転んでしまったときにすぐに手が出るとか、何かボールなど危険物が飛んできたときにどう動けるか?

よけることができる、

とっさに手が出る、

足が出る、

反射的に動けるか?

こんな能力のことです。

この能力を0~6歳頃までに十分に身に付けておかないと、後から困ってしまうのです。
それ以降になるとなかなかこの能力を新たに身に付ける、ということが難しくなってくるのです。

我が家では、反射神経を身に付けるため!としてやっているわけではありませんがこんなことを普段から遊びの中で取り入れています★

からだの脳を鍛えることは非常に簡単です。我が家の遊びを2つご紹介します♪

1.思いっきりくすぐる!くすぐり遊び!

とにかく抱きついてくすぐる、こんな単純な遊びをいつもしています(笑)

これをすることで、子供は「くすぐったい」という感覚や「逃げろ!」という感情や「身体を丸めて自分の身体を守ろう!」という意識が身に付いていきます!

感じる!という感覚を研ぎ澄ませていく、という感じでしょうか?!
いろいろな刺激を身体で受けて、それを感じる。そしてそれをくすっぐたいと感じたり、外的から何かに侵入される!というよう感覚になる!

これ、子供との良いコミュニケーションにもなりますよ★言ってしまえば、親と子供で接する機会がないと、子供も外部からの刺激に弱くなる。
そんなことになってしまうのですね(*’ω’*)

だからいつも、子供とはスキンシップやコミュニケーションを上手に取っていく必要があるのです♪

子供はニッコニコしながらくすぐられるのを待っているほどです(^^♪

こんな単純な遊びでも、十分に反射神経を鍛えていることになっているようです。

2.子供が走り回っているときに急に子供の前に出る!

子供は走り回ります!とにかくとにかく、走り回ります!!!
そんなときに周りから障害物や危険物が出てきたらどうするか??

子供が走り回っているときに、たまに急に僕が「わっ!」と驚かすように出ていきます(笑)
そうすると、子供もびっくりして身体をよける。これが反射神経!

また別のタイミングでは、走り回ってきたときに横からゴムボールなどを転がしてみる。

そうすると、転がってきたボールをよける。これが反射神経!です。
非常に単純な遊びですが、それが反射神経を鍛える、成長させることに繋がっているようです(*^^)v

転んでもとっさに手が出てこない大人もいる

こういった反射神経を小さいうちに十分に身に付いていれば問題ないのですが小学生や中学生、はたまた大人なってもその反射神経が鈍い、という現代人が多いようです。

それは小さいころから十分に遊びをしてこなかった、遊んでいてもゲームやテレビばかり見ていて、あまり身体を動かすことをしてこなかった。。
そんな幼少期を過ごした人に多く見られます。

たっくさん!小さい頃から家でも外でも身体を動かして遊んでいた人は大人になってもそのまま運動神経抜群!!の傾向が強い!

ある子供の運動神経の調査では、30年前の子供と現代っ子では運動神経の差が歴然としていることがわかっています。

昔の子供は、普段から外遊びなどもたくさんして運動をしている、ただ現代っ子は運動系の遊びをする機会も少なくなってきている。

現代っ子の6~7割超は、転んでもとっさに手が出ないそうです。顔面を強打してけがをし病院に通う子供も多いとか。

いかがでしょうか?反射神経、簡単に鍛えられそうですよね?

普段からスキンシップを親と子供で取ったりするだけでも身に付くものです(^^♪
特別なことをすることなく簡単な不断の遊びの延長でできてしまうものばかりです。

日常の単純な遊びの中からでも十分に鍛えることができるものですので親子で楽しみながら、子供のからだの脳を鍛え、反射神経抜群な子供に育てていってほしいものです!(^^)!

今から意識してやっておかないと後々いろいろな面で大変になってきそうですね( ;∀;)

だからそうならないためにもできるうちから子供の為に子供の成長を加速させていくために簡単な遊びの中から子供の成長を促せるものを見つけていきましょう(^^♪

ホント、くすぐり遊びは最高ですよ(笑)

子供はゲラゲラ笑って

興奮して楽しんでくれます!(^^)!

その過程で子供が育っていけば一石二鳥です!

★こちらの記事も読んでいただきたいです♪★

バランスボールで脳を刺激!

感覚系遊びで子供の成長を助ける★


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*