バランスボールで脳を刺激!感覚系遊びで子供の成長を助ける★

バランスボールが良い

keiskeです!

今回は、ボール遊びついて書いていきます★

日々、とことん子供との遊びを極めていきたい!と強く思っています。
普段からそういう感覚でいるとどんな遊びが子供にとってより良いのか?刺激になるのか?を考えるようになってくるんです。

0~3歳頃の小さいころには、よくいろんな遊びをさせたほうが良い!と

雑誌やテレビでもあれこれ紹介されることもあります(‘ω’)
そこで今日はボール遊びについてです。

★こんな方に読んでほしい!★
❶子供と楽しく遊べる方法はないか?悩んでいる!
❷バランスボールでの遊びに興味がある!
❸子供を成長させるにはどんなことをしたら良いか?悩んでいる!

体の動きやできることが限定されてしまう、赤ちゃん・子供にとって無理のない遊びは何か?

普段からできる、家の中でも遊びが簡単にできてしまうものとして人気がある遊び方です★

特にバランスボールを使った遊びプログラムなんかを用意した子供のための運動教室もあるようです。

幼児期運動指針(文部科学省)

この文部科学省の幼児運動指針にも、幼児期に身体を動かし運動機能を高めることの重要性が書かれていますよ♪

そしてこの記事は↓の

0歳からの知育大百科 プレジデントBaby(2018完全保存版)を参考にしています★

子供の3つの感覚を刺激するバランスボール遊び!

いろいろな機能が発達途上の子供にとっては、様々な運動機能や脳機能を刺激してあげることが大切です★

バランスボール遊びでは、主に「触る感覚」「動きの感覚」「バランス感覚」の3つの感覚を刺激されるそうですよ。
言ってしまえば、このバランスボール遊びだけで子供の成長にとって欠かせない3つの要素を子供は感じることができてしまうのです。

他にもいろいろんな遊びがありますが、これ一つで思う存分子供の成長も期待できる!

小さな子供にとっては最適な遊びとして今では全国各地でバランスボール遊びを取り入れた教室がたくさんあるほどです!

このバランスボール、大人でもよくダイエットを行うときなどにも使われたりしていますが大人と子供で二人でじゃれ合いながら遊びます(‘ω’)

まずは、ボールを触ることでボールがどんな触感なのかを手で確認することができる★

また、バランスボールに乗ってぴょんぴょん飛んでみたり、ジャンプしてみたりする♪

そうすることで普段体験できないような動きを子供は感じることができるのです。そして安定しないボールの上で動くことで、大人でも鍛えるのが難しい体幹を刺激され自然とバランス感覚を養えます。

たかだかバランスボール遊び!と侮ってはいけません(笑)

こんな刺激を子供はバランスボール遊びによって得ることができるのです。

そうした訓練を普段から継続して遊びに取り入れていると良い事たくさん!

脳をたっぷりと刺激でき感情のコントロールや言葉・思考の発達・セロトニン物質という幸せのホルモン♪の分泌促進などたくさんの良いことが存在しているのです。

★このことからわかることは?★
①普段からバランスボール遊びを取り入れると運動神経が良くなる!
②運動神経だけではなく、感情や思考の発達向上にもつながる!

こんなことが子供にとって備わっていく!と言うことができます(‘ω’)

だからあまり普段から、子供の為に!とか考えすぎずに楽しく遊ぶ感覚でバランスボール遊びを取り入れてみても良いかもしれません(*‘ω‘ *)

子供の遊びに対する感覚を刺激する

また、バランスボール遊びでいろいろな動きを子供に体験させてあげることで子供の 面白い! という感情をたくさん育みます★

ときにはバランスボールでぴょーんと飛び跳ねてみたり、高い高いなども一緒にしてみたりすると、たいていの子供は喜びます!

純粋に楽しい!という感情がたくさん溢れてくるのですね♪
これが大切で、たくさん楽しい!という感情が出てくると、神経系の発達にも影響します。

情緒の安定にも必要不可欠(‘ω’)

難しく考えなくても、わかると思います★

例えば大人だって、何か自分の好きなことをやっているときとか、純粋に楽しいなと感じて何かに取り組んでいるときって気分良いですよね?!
あの感じ、です!(^^)!

おっ、楽しい!

なんだか気分良い!

やっぱり好きなことやっているときって幸せ!

自然とニコニコしちゃう★

こんな感じになりますよね?

これが子供を抱えて高い高いする遊びは、ママにはなかなか体力的に無理があるものです。

だからバランスボールを上手に使って、小さな力で大きな動きができるようになるのです!

3歳頃までに脳神経をたくさん刺激する!

こういった運動機能や脳神経系などを刺激する遊びは特に3歳頃までに意識してたくさんさせてあげることが大切と言われていますよ★

子供の脳は3歳までのうちに大半が完成してしまうよ~って以前、脳科学者の茂木先生がおっしゃっていたのを覚えています♪

子供の好きなことややりたいことを尊重してあげるだけでも、子供の心は伸びると言います。
この時期には特にこの辺のことをとことん伸ばしていくことが成長に繋がるようです。子供の本来持っている、本能的な・先天的なものを存分に伸ばしてあげる!

これに必要なのが、バランスボール遊びなどの刺激系もそうだし、音楽に合わせて感情を刺激して「楽しい!」という感情を発散させてあげること。
やりたい!好きだ!面白い!楽しい!というこの感情を大きく育むことを重点的に考えると、子供にとっても良いもののようです!(^^)!

バランスボールだけでなくとも、音楽を流して歌を歌いながらバランスボールで遊ぶことで言葉の発達にも影響しますし、リズムに合わせてボールをゆらゆら揺らしてあげたりするとリズム感の養成にもなります。

ボール以外にも他のおもちゃや道具と組合せて遊んでみるのも効果を倍増させるコツです♪

0歳からこういった遊びを普段からしている子供は早い時期から脳がたっぷりと刺激されているのではいはいやあんよ、一人歩きが早くできる傾向にあるようです。

発達がものすごく早いんですって!

だからこの時期はしつけとか勉強ということ以上に、とにかくいろいろな刺激に触れる!ってことが大事なんですね(*‘ω‘ *)

そしてそれが子供のやる気、やればできるんだ!という自己肯定感を最大限に向上させるきっかけにもなるのです。

お家の中で遊べる広さがあればお家の中でもok!

そうでなければ、どこかのキッズパークなどに行ってみてはどうでしょう?たいてい遊び道具としてボール類もたくさん備わっているものです。

今からできる簡単な遊びです。

普段の遊びで、楽しみながら子供の成長を助けられたら最高ですよね(^^)/

さ、今日は日曜日!子供とたくさん遊べる日!

みなさん、良い一日を!(^^)!


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*