子供と散々遊び終わった後に必ずやるべき事。

遊んだ後のクレヨン

おはようございます、keisukeです。

 

今日は子供と遊んだ後に何をするか?についてです。

普段からたくさん遊び、

一日楽しかったなー!と充実感に満ちた気持ちにで溢れることも多いでしょう。

でもそのままにしていませんか?

楽しく遊んで、良かった!

それはそれで結構なことなのですが

僕が子供と接していて感じていて思うのは、遊んだ後には必ず子供に話しかける、会話する

ということを意識してほしいなということです。

 

子供に話しかける

例えば、

親:今日は楽しかった?

子供:うん、たー!(楽しかったー)

 

親:何して遊ぶのが楽しかった?

子供:ぶっぶ(車)!

 

これが大切なのだと思います。

なぜなら会話をすることで子供に一日を振り返させることが子供の発育には必要だからです。

 

一日の振り返りが必要

子供と散々たくさん遊んだ後、

そのままにするのではなく会話すること

そうすることで子供にその日あったことを振り返させるのです。

 

振り返させることで自分が今日何をしたのかを

考える、思い返すようになります。

そしてそれを言葉に出して発信するということで

言葉の使い方も覚えてくるようになります。

 

大人でもそうですが

その日一日何をしたか?はっきり覚えていない!という方も少なくないはずです。

ぼけてきたか?(笑)

でもすぐに思い出せないという大人もいるくらいです。

 

それは記憶力の低下もありますが思い出すということができないのです。

 

小さい頃にそのような振り返させるようなことを日常的に行うことで

記憶力の定着や向上、言葉の発育にも良い影響があると考えられるでしょう。

 

大人が子供に言葉で話しかけ、子供になんでも良いから自分なりに

言葉を発してもらうのです。

 

最初は言葉が出てこなくても

子供はそのうち聞かれていることがわかるように

なってくるし、言葉も少しずつ出てくるようになります。

 

うちの息子は

何をして遊んだか?何が楽しかったのか?を聞くと

必ず ぶっぶ!と言いますがそれで良いのだと思います。

そこから、ぶっぶ たー(楽しかったー、うちの息子、語尾だけ言うことが多い!)

と自分なりに発したりしてくれるようになります。

 

子供と一緒に楽しかったことの共有を

振り返ることも大事ですが、

会話するように意識することで

子供と楽しかったことの共有をすることができます

 

一緒に遊んだこと、一緒に楽しいことをしたこと

どんなことでも良いのですが一日一緒に楽しかったね!と言えるその状況が重要です。

 

そうすることで、

子供も振り返えることができ

「今日はパパと遊べて楽しかった!」とか

「ママがたくさん遊んでくれた!」等

親と楽しく過ごせたことの記憶が定着するようになります。

 

やっぱり子供にとってはいかに毎日楽しく過ごせるか?が

大切だと思いますし、それを親と一緒に共有できることで

毎日が楽しい!楽しかった!と言えることが多くなるのです。

 

実際に、特に週末ですが子供と一緒に朝から晩まで一日遊び倒し

散々疲れ果てることも多かったときは

子供に「楽しかった!?」と聞くと

いきいきしながら「うぃー!」と元気よく返事をしてくれます!(^^)!

 

子供の方からみても一日楽しく過ごせたことが何より一日の中で印象に強く残り

その気持ちをずっと持ち続けてくれているということなのでしょう。

 

だからやはり、遊び終わった後にはそれをそのままにするのではなくて

どんなことでも良いから子供と会話するようにしてみてほしいです。

 

一緒にやったことを会話をしながら確認、共有していくことで

少しおおげさかもしれませんが親と子供の関係も良くなっていくのではないかな?

と勝手に感じていますよ(*^^)v

 

子供の語彙力も自然とアップしてきますから

子供にどんどん話させるようにしてみましょう!

 

今日から早速実践してみましょう~(^^)/

 

 

 


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*