子供が言葉を話してくれない。子供の言葉を上手に引き出す方法とは?

会話する子供

こんにちは、今日も朝から子供と走りまくっているkeisukeです!

 

今日のテーマは・・

子供の言葉」についてです!

子供が言葉を話すのが早いとか遅いとか、

いつになったらちゃんと言葉を話すようになるのか・・とか

そんな感じのことです(‘ω’)

自分の子供の言葉の発達と他の周りの子供との

発達具合を比較したりしていませんか??

うちの子供はまだ全然言葉を話してくれない・・

お友達の〇〇ちゃんはあんなに喋っているのになんでうちの子は・・

悩んでいませんか??

 

この悩みって正直、個人差もあるから一概に言えませんが、

一番身近にいる親が子供にどれだけ普段から子供に話しかけているか?

どれだけ言葉を話さなければいけない環境に身を置いているか?

こんなことが大切になってくるのです。

 

つまり!

普段自分の忙しさに負けて

子供に意識的に話しかけることがほとんどなかったり

いつも家の中にばかりいては子供が言葉を発するようなことが

遅くなる可能性があるのです。

 

だからできるだけ、子供とコミュニケーションを取ることや

他の子供と遊んだり、遊戯施設に行ってみたりすることが必要になってきます。

 

子供にたくさん話しかければ

嫌でも言葉が出てくる!

ここで質問です。

この記事を読んでいただいている方の中に

どのくらい英語が喋れる方がいるかわかりませんが・・

英語を話せない人が、英語を話せるようになりたい!と考えた時

どんな環境に身を置いていることが大切と言えるでしょうか??

 

英語を話せるようになりたい!と考えているのに

必死に勉強しているだけでは実際に話せるようにはなりませんよね?

英語を話したい!と考えているのに、

誰とも会話しない日ばかりが続いてるということでも良くないし、

一人でつぶやいているだけでも会話ができるようになることは難しいですよね”(-“”-)”

英語を話したい(*‘ω‘ *)とひたすら夢想しているだけでも実現は難しいでしょう。。

 

ということは赤ちゃんや小さい子供が言葉を覚え会話できるようになっていくためには

できるだけ言葉のキャッチボールができる環境を作ってあげるということが大切になります。

どんなことでも良いので、子供に話しかけてあげるのです。

とにかくとにかく話しかけるのです。

暇さえあれば話しかける、くらいでも良いかな?

言葉のシャワーを浴びせる!ということを意識してみても良いと思いますが

いろいろな言葉に触れさせていく、ということについて考えていくことが大切です。

 

今日はお天気が良いね?青空だね!

今日は何して遊ぼうか?

どこか行きたいところある?

今日は何して遊んだことが楽しかったかな?

明日は何したい?

お腹空いていない?

このお洋服は誰に買ってもらったんだっけ~?

 

等々、どんなことでも良いのです~(^^)/

子供に話しかける、ということが何より大切なのですから

内容はともかく、子供に話しかける、ということをとにかく意識しましょう。

 

そんなことを毎日毎日繰り返していると、

子供も少しずつでも言葉を発してくれるようになりますよ♪

 

先日まで、妻が2人目の出産をするまでの間

妻の実家に僕と妻・2歳半の息子とでお世話になっていましたが

じっじとばっばもいていつも以上に会話が多い環境にいたせいか

一週間もした頃には今まで話せていなかったような

はっきりとした言葉なんかも出てくるようになって

みんなでその成長ぶりにびっくりさせられたことは今でも鮮明に覚えています(‘ω’)

 

他の子供と遊ばせるだけでも十分な会話力練習に!

自分の家だけで遊ばせることに限界を感じたら

他の子供と遊ばせたり、それこそ実家親戚のおうちに連れて行ったり、

他の人と接することができるような環境に連れて行くことも良いでしょう。

 

いろいろな人の言葉を聞いたりすることで

受ける刺激の度合いも変わってきます。

人間誰でも同じで、同じ人とばかり会話していても

段々と刺激がなくなり、会話に面白さを感じなくなっていきます。

話し方や話す内容も似たり寄ったりになってくるのです。

 

だから積極的に外に連れ出してみて

他の人と交われる場所に子供を放り投げることも効果ありです!

例えば、子供同士遊ばせる。

これも一つです。語彙力がない同士なりにどうにかしようとしているようです(笑)

またじっじ・ばっばのお家でも良いしお友達のお家でも良い!

いろーんな人と会っていくことが会話力向上の練習になっていくのです(*‘ω‘ *)

 

子供は他の人が話している言葉を聞きながら言葉を覚えていきます。

 

この人は何話しているんだろう・・

よくわからないけど、最近なんとなく言っていることの検討がついてきた!

 

英語を覚える時だってそうですね。(僕も以前猛烈に英語を話したくて勉強していた頃がありました・・)

最初は聞いていても全くわからないけど、見よう見まねでやっていると

少しずつでも雰囲気が伝わるようになってきた!

 

この感覚です!

 

子供も同じです!

 

他の人や大人が話している言葉を聞いて、真似して発して

それで覚えていきます。

そもそも子供に話しかけることが少ない、ということであれば

子供の言葉の発達も遅くなってしまいます。

 

言葉に触れる機会が少なくなれば自然とそうなってしまいます。

 

本当に子供に早く言葉を覚えさせたいという気持ちが強ければ

とことん強制的にでも子供と会話していくのです(^^♪

無理矢理にでも会話するように意識していけば子供も嫌でも言葉を覚えます。

 

言葉の発達は本当に個人差があるし、

兄弟がいるいないでもだいぶ変わってくるようなので

冒頭にもお伝えした通り、一概にこうだ!ということは言えません。

 

しかし、できるだけ子供とコミュニケーションを取るということは

日頃から意識してみてほしいです。

 

子供も一語一語一生懸命に話してくれようとしますから

それをしっかりと見守ってあげましょう♪

 

早い遅いは仕方なく、いずれ誰でもしっかりと話せるようになります。

ポイントはどれだけ今のうちから子供と言葉のキャッチボールの機会を増やせるか?です。

 

コミュニケーションを取ることを意識してれば

言葉の発達だけでなく、子供との距離もより近くなりますし

子供の表情にも敏感になれるものですよ。

一生懸命に話そうとしてくれているその表情もしっかりと見てあげる、

この子は今何を伝えようとしてくれているのか?

それを親である僕たちが真剣にくみ取っていくのです。

 

言葉のキャッチボールを通して親子の信頼関係も向上していくというデータもあるそうですから

今日からぜひ強烈に意識してみてくださいね(^^♪

 


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*