子供を夏休みに水遊び場で遊ばせる♪水慣れに最適なド定番遊び!

子供が遊ぶプール

keisukeです!

子供の夏の遊びの定番と言えば「プール」が一つ挙げられるでしょう。

僕も昔は夏休みになると、学校の開放プールに行ったり

友達と家族で大きなプールに遊びに連れて行ってもらったりしたこともありました。

小学生や中学生ともなれば水にも慣れて夏休みにプールで遊ぶことに抵抗なく向き合えるでしょうが、

それが年齢的にまだ小さく水自体になれていない子供の場合は

いきなり大きなプールというわけにはいかないでしょう。

そこで今回は、年齢的に小さい子供が水慣れするのに最適な遊び

プール・水遊び について考えてみます(‘ω’)

言いたいことをはじめに言ってしまうと、

子供を水に慣れさせるには

軽い水遊び感覚的なところからスタートしていき、

様子を見ながら親子でプールにも行ってみる、くらいの感じで良いのでは?と思います。

いきなりプールでなくても良ok!

プールとなれば、それなりに水に慣れてきた年齢でないと入ることは難しいですし

水慣れさせるためにいきなり大きなプールに連れて行くと怖がって嫌な気持ちだけを

残してしまうこともあるでしょう。

早く水に慣れてほしい~

泳げるようになってほしい~

そう考える親は多いですが

水に触れさせる機会を上手につくってあげることが大切ですね。

0歳からできるスイミングスクールなども最近は多く

小さいうちから通わせている親も確かに多い。

うちも実際にそうです(笑)

しかし、水に慣れるということもそうですが

なにもいきなりプール!でなくても良いんじゃないかなと思っていますよ。

その子供によって特性もあるし

いきなりプールに連れて行ってあまり抵抗感なく楽しんでくれる子供もいれば

水に触れる、入ること自体恐怖に感じてしまう子供もいます。

そんなときは無理にプールに行くのではなく

良くいろいろな遊具がある公園の中に

水遊び場が一緒になっている公園も存在します。

だいたい子供の足でも足首くらいか、あってもすねのあたりくらいまでの

水の高さくらいの水かさ。

そんな水遊び場にまずは連れて行ってみては??

そんな公園であれば、裸足になってびちゃびちゃ水に触れることもできるし

溺れるという心配も基本的にないので、子供も水に対する恐怖感なども

持たずに済むかもしれません!

いきなりプールに連れて行って恐くてギャン泣きしているのに

なんとか子供を水に入れようとしている親もスイミングスクールで見かけましたが

あまり良くはないですよねぇ(‘ω’)

水に慣れさせたいという親の気持ちもわかりますが

怖がっているのに無理やりに入れようとすると

今度は子供が水に対して「嫌な気持ち」しか持たなくなる可能性もあります。

そうなるとせっかく子供に水慣れさせようとしていたのに

逆効果になってしまいます。

だから、まずはプールに連れて行ってみても良いですが

様子を見て、いきなりプールというのはやめて

近場の水遊び場程度のところから慣らしていくことも一つの方法です(^^)/

水遊びは楽しい!

水遊び場で遊ばせることから水慣れにスタートした方が子供にとっても

抵抗感が少なく水に対しても恐怖感を持たずに済みます。

まずは難しく考えずに

水をかけあってみたり

水の中で座ってみたり

水に触れてみたり

とにかく水というものに触れる機会をつくり

慣れていく、水は恐くないよという感覚を

覚えさせていきましょう(‘ω’)

そこから徐々に子供の水に対する様子を見てみて

プールに連れて行ってみることも良いですし

楽しく水に触れていきたいものですね。

小さいうちに抱く感情によってその子供の

意識も変わっていきます。

あまり無理せず、あくまでその子供の様子を見ながら、感情に向き合ってあげながら

上手に水に触れていければ最高ですね♪


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*