男が育休取ることは本当に必要か?ママのストレスになりかねない?!

うつ伏せを頑張る赤ちゃん

keisukeです。

 

ここ最近、働き方改革やら男性の

育児休暇やら叫ばれることが

多いような気がします。

みなさんの職場・ご家庭では

実際に取り組まれていますか?!

特に男の育児休暇については

いつも問題視されています。

 

昔からの風潮は

男は仕事

女は家庭

 

そんな固定概念が強くありました。

今でもそんな考えの人間も

いるくらいです。

 

そして近年そんな風潮を払拭すべく

男の育児休暇は本当に必要なのか?!

ということが

問題とされることが多くなっています。

 

なぜか?!!

 

女性の負担軽減や

女性の社会復帰・社会活躍のため

男性と女性が家庭のことも両立し

女性にだけ負担がかからないように!

なんてことでやたらと叫ばれています。

 

 

男も育休取って

家庭で育児・家事をやる!

これからの時代はそういう時代!

よく聞こえる話です。

 

 

でもそれ本当かな?

本当に男が家庭に入って

率先して育児・家事に奮闘できるように

男の育休制度をそのために

整備していく必要があるのか?

 

男が育休取って困るママも

最近感じるのです。

男が育休を仮に取ることができる

取りやすい社会に今後

どんどん変化していったら?

 

考えてみてほしいのですが

育休を取る、ということは

家にいるということです。

ママも専業であれば

パパが育休を取ることで

ずっと一緒に家にいることになります。

 

家にいる??!

 

そうです~

今まで日中は仕事に行ってたパパが

一日中家にいるのです~( ;∀;)

 

ここで意見が分かれるでしょう!

 

【パパが家にいては困る派!】

・普段一切家のことなどやらない

旦那ならむしろ会社行ってろ!

・どうせ家に居ても寝てるか?

ゲームしてるか?だろ!だったら会社行け!

・自分は何もやらないくせに、

あれこれ批判ばかり言ってきてうるさい!!

 

【パパが家にいてくれて嬉しい!派】

・いつもは一人ワンオペ状態だったけど、

パパが手伝ってくれるから助かる!

・基本、協力的なパパだから子供も喜ぶ!

・子供もパパが大好きだからみんなで

一緒にいれる時間が増える!

 

こんな感じに分かれることが

予想されます(‘ω’)

みなさんのご家庭は??

 

パパがいてくれて嬉しいというママが

いる一方で

家にいてくれるな!と断固男の育休を

拒否するママも実際には多くいる

そんな現実もあるようです。

 

男の育休、家庭によりけり

実際に、男の育休を推進していく動きが

強くなっていますが

家庭によって歓迎or反対

それぞれの派閥ができそうです( 一一)

 

いろいろまわりの育児中のパパママの話

聞いてたら思うけど

家にいても一切なーんにもやらない!

って男、

案外多いみたいですからな!

 

家にいると

ホントずっと寝てる!

ゲームばっか!

さっき起きてきたばかりなのに

もう昼寝かよ!!

飯飯うるせー!

そんな男が多いんだって(笑)

 

そんな家庭では

ホント育休は反対でしょうね。

むしろママ一人で頑張っていた方が

ストレスもないだろう、と。

 

余計なストレス抱えるくらいなら

男の育休なんて進めないでください!

って感じですよね(‘;’)

 

一方で家庭に協力的なパパもたくさんいるのも事実。

 

いつも子供の面倒を見てくれる

子供と遊んであげる

できる家事をやってくれる

とにかく協力的

 

そんなご家庭ではむしろ子供のためにも

男の育休は大歓迎!でしょうね。

 

だから男の育休に関しては

ホント家庭によって意見が分かれるのが

普通の話。

 

各家庭にあった取り組み方が選べたら良いのに

育児に積極的なパパがいる家庭は

育休を最大2年でも3年でも

取れるような制度をつくる。

その間の仕事は職場で賄えるよう、

補填業務・サポート業務・AI活用で

人で不足もしっかり解消。

 

育児に無関心なパパがいる

家庭に対してはむしろワンオペママを

助けられる制度をつくる。

例えば、ワンオペママへの

訪問サポートとか?

ワンオペママのための何でも

はけ口窓口開設とか(‘ω’)

ワンオペママのために

疲れ癒しグッズの無償提供など(*‘ω‘ *)

 

まぁでも思うのは

育児に積極的かそうでないか?

そこに一番問題があるように感じます。

 

仕事も大事だけど

育児は最優先事項でしょ!?

自分の子供が目の前にいる。

自分の子供ですよね~!?

それなのに、他人事のように

ママに任せっきり。

 

そんな考えでいるパパが

多いことに問題がある。

様々な価値観はあるから良いけど

少しでも考えを改め、

大切な子供のために

どうすべきか?何をすべきかを考える。

 

パパとママで話し合って

どう育児に向き合っていくか。

まずちゃんと話し合える

パパとママが増えてくれば

少しは育児環境も改善してくるはず。

 

でも現実はなかなかそううまくもいかない。

 

でもでもどうにかやっていこう

という気持ちさえあれば

現実を変えていくことができる!

 

自分の子供だろ?!

 

仕事仕事!うるさいパパは

今一度子供のことを想ってほしい。

 

男の育休が必要かどうかよりも

まずは世の各家庭でパパとママが

しっかりと育児に話し合い

しっかりと子供に向き合っていけるパパを

増やしていくことが

絶対に大事なような気がするのです~。

 

育休制度を拡充したって

それを有効活用できる

家庭、パパがいないようじゃ

制度は無意味になってしまいますからね。

 

全てはパパ次第でしょう。

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*