子供を博物館に連れて行こう!実物見て楽しく学ぶ!リアル情報が吉!

動物博物館に連れて

keisukeです!

 

先日家族みんなで「博物館」に

行ってきましたよ(‘ω’)

 

今回テーマにしたいのは

空想よりも実物を見せる!

方が子供の興味度や学び度が

確実にアップするよ!って話です。

 

どこの博物館に連れて行ったか

というと「北海道博物館」という

「ナウマンゾウ」や

「アフリカゾウ」、

そしてアイヌ文化などにも

触れられる北海道の中でも

割と有名な博物館。

★北海道博物館★

 

連れて行こうと思った理由は

子供にとにかく本物を見せたい!

ということ。

うちの息子は動物や恐竜などが

大好きです。

いつも絵本やテレビで

動物や恐竜を見ては

興奮していたのですが

僕としては、それだけではなく

やっぱり自分の目で実際の

ものを見てほしい!と感じていました。

 

実物はリアル

誰でもそうだと思いますが

本当に自分の好きなものなどが

あると、それが実際には

どんなものなのか??とか

どれくらいの規模・大きさの

ものなのか??とか

どんな雰囲気なのか??など

確かめたくなりませんか?

 

そしてその実際のものを

本当のものを見ることができた時

めちゃくちゃ興奮しませんか?!

 

今回は実際の大きさの

動物の標本や化石を見る!という

目的がありました。

 

子供は特に感受性が豊かだと

言いますから、その特性を活かして

どんどん実際のものを見せて

あげるようにすると喜びます。

 

実際に実物の大きなゾウの

化石を見て息子は大興奮でした(^^♪

 

絵本やテレビで見るそれとは

全く異なってくるのですから。

 

実物はリアル

ということです。

 

さらに好きになる

「本物」を見ることができると

子供はますますそのものを

好きになっていくようです。

 

それまでは空想のみの世界でしか

見れていなかったものを実際に

自分の目で見ることができた!

 

それがきっかけでさらに

興味が湧いていくという感じです。

 

本物のすごさがわかり

もっともっと興味が出てくる。

どんどん好きになる!

 

子供はいろいろなことに

興味を持ちますが

できるだけ「本物」を見せることが

できれば子供の感情は

最大MAX級に高まっていくでしょう。

 

それがとても大事!

 

僕自身も「本物」を見て

めちゃくちゃ興奮した経験があります。

僕は黒人音楽が大好きで

アメリカのBoyz2Menという

黒人グループが大好きなんです♪

 

3人で繰り広げる

コーラスワークが絶妙で

いつも音楽を流して聴いたり

you tubeで見ていました。

 

そんな彼らが久しぶりに日本に

ライブで来るということを知った僕は

すぐにチケットを購入!

僕が住むのは北海道ですが

飛行機に飛び乗り会場のある横浜まで

駆け付けたことがありました。

 

そしてそのライブで僕は

興奮&鳥肌&涙・・の連続で

生で聴く歌声にものすごく感情が

高鳴ったことを今でも覚えています。

今から7~8年も前のことです。

 

でもその機会があったからこそ

今でも彼らの音楽が大好きだし

「本物」のすごさを身に染みて

感じることができたのです。

 

子供には惜しみなく様々な体験を

だから子供には惜しむことなく

いろんな体験をさせてあげることが

大事なんだと思います。

 

本物を見た時の感動って

いつまでも覚えてるものだし

忘れない。

そんな衝撃的な経験体験を

小さいうちからさせてあげることも

子育ての中ではとても大切に

なってくるような気がします。

 

いつも家でテレビばかり見ていても

本物のすごさには出合えない。

もったいない。

世の中にはホントにたくさんの

「本物」「実物」があるんだし。

 

惜しまずに子供にそんな機会を

与えてあげれれば子供に

とってはものすごく貴重な体験に

なりますし思い出になります。

 

今回の博物館だって

各都道府県にいくつか

あるものです。

入場料はかかってしまう場所も

多いですが、お金に換えられない

ものがあると思います。

 

元気に公園で遊ぶも良いけれど

ちょっとした教養を深める意味でも

子供を博物館に連れていくってことも

おススメですね(^^)/

 

やっぱりリアル情報が吉ですよ!

 

 


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*