子供にプログラミングを楽しく学ばせる方法とは?おもちゃの活用!

keisukeです。

 

2020年から小・中・高校で

プログラミングが必修化されます。

文部科学省(プログラミング)

これからあなたのお子様も

学校で必ず!

このプログラミングを学んでいく

ことになるのです。

必ず!

わからないからやらなくも良い!

という話ではないのです。

 

おそらくテレビニュースなどでも

プログラミングについて頻繁に

情報が流れているので

概要はわからなくても

知ってはいる!という方も多いはず。

 

でも

プログラミングなんてわからない!

とか

自分達が学生の頃はプログラミング

なんて必修でもなかったし

やったことがないから

子供に教えることもできないよ!?

とか

とにかくわからん!!

 

いろんな不安がさまよっていません??

正直必修化と言われても

何を子供に何をさせたら良いのか?

親としてどうしたら良いのか?

迷っている・・

なんて方も多いでしょう。

 

でもでも!

必修化ですから

時代は進んでいるんだなーと

のんきに構えているわけにも

いかなくなってきますよ(笑)!

 

時代遅れになる!

最近やたらとプログラミングという

言葉を聞きますが、どんなものか

わかりますか??

簡単に言うと、「コンピュータに

意図する処理・仕事をしてもらう為に

指示・命令させる行為」を言います。

 

コンピュータは自分で物事を

考えて動くことができません。

動きは全て「人間」が指示して

初めてコンピュータが動くのです。

 

その「動き」を、

どう動かせるか?を考えて

指示・命令してあげることが

人間の仕事になるのです。

 

このいわゆる「プログラム」を

作ることをプログラミングと

言います。

 

これからの時代はこの

プログラミングというものが主流に

なるといわれており、

「できて当然!」というように

なってきます。

 

プログラミングというもの自体は

昔から存在しています。

今まではどこか

「機械いじりが好きな人」や

「コンピュータ操作が好きな人」が

プログラミングをやっている、

という傾向がありました。

 

だから興味のない人は

やらないし、どんなものかも

わからない!

 

でもこれからはそうでは困るのです!

時代の流れ!といっては

それまでですが、

「ただ覚えて暗記」という

教育は見直され、自分の頭で考えて

試行錯誤を繰り返し目的を

達成させるような「思考力」を

つけていく教育が主流に

なっていくのです。

 

学校教育自体が

そう変化していくので

我々親もそうだし

実際に学びに行く

子供達にもそのような

「考える」ということを

もっともっとさせていく

必要が出てくるのです。

 

この流れにちゃんと乗っていかないと

あなたの子供はただの「つかえない」

人間になってしまうだけです”(-“”-)”

 

ただ覚えるだけ

考えることができない

 

そんな人間になってしまう・・

これからはそんな人間は必要で

なくなります。

仕事をするにも、生きていくにも

この「考える」ことが習慣化

されていないとやはりまわりの

人とも上手にやっていけなくなる。

 

僕の息子は3歳ですが

これから小学校に行くように

なる頃には当たり前のように

プログラミングをやっている

時代が訪れて、息子も

学んでいく必要があるんだなー

どうしよう~と

ずっと考えていました。

 

そんなときに良いものを

見つけました。

それが

「3歳からできる

プログラミングカー」

というおもちゃです(^^♪

 

おもちゃで楽しく学ぶ!

プログラミングカー

最初は何者か?!と思いましたが

簡単です。

このおもちゃの遊び方は

「命令カードで車に道順を指示し

その通りに走行させる」

というもの(*^^)v

 

同封されている主なもの

車(ミニカー)本体

命令カード

走行パネル(版)

 

走行パネルという

車を走らせる版みたいなものが

あり、そこに「本屋さん」とか

「お花屋さん」とか「遊園地」とか

まぁいろいろと絵が描かれている。

どこを出発地にして

どこを目的地にして

走らせるか?を自分で決める。

 

命令カードとは

「まえ」とか「みぎ」とか

「ひだり」とか「うしろ」とか

車が進む「方向」が書かれており

このカードを使って

車に命令します(^^♪

 

★流れ★

①パネルを見て出発地と目的地を

決定する!

 

②決めたルートに沿って

命令カードを車に一つずつ

かざして命令していく。

かざすとピッと音が鳴り

命令完了になります!

 

③車にあるスタートボタンを押し

実際にスタート!

 

で、動く車を眺めていると

本当に指示した通りに

走っていくのです!(^^)!

 

普通のミニカーとかですと

まーっすぐにしか進みませんよね?

基本的に。

でもこのプログラミングカーは

自分で指示した通りに曲がったり

できるというところがすごい!

 

まっすぐだけではなく

ちゃんと指示した箇所で

指示した方向へ曲がる。

その結果目的地まで走っていく。

 

単純なようですごいことですよ。

 

子供はなかなか今までのおもちゃでは

そんな体験できなかったでしょう。

ただ車のおもちゃを押しては進ませて

遊んでいく。自分の手で、手動で。

 

でもこれは違う!

頭で考えたことを車に覚えさせ

指示通りに動かせる。

これまでになかった新しいおもちゃ。

 

親が一緒に遊んであげる!

自分で考えた通りに車を

走らせていくことができる

画期的なおもちゃですが

一つ注意があります。

 

一応このおもちゃ

「3歳~」となっていますが

3歳の子供ではまだ一人で

遊ぶのは難しそうです・・(‘;’)

というのも、

「まえ」とか「みぎ」」とかいう

命令カードをもとに指示を出して

行きますが、まだちゃんと

「前」とか「右左」みたいなものが

3歳頃だとはっきりわからないし

「自分で考えて車を動かせる」

ということ自体ちゃんと理解できる

ほどではないはずなのです。

 

だからまず初めは親が一緒に

なってやり方を教えるなり

面白さを伝えていき、

「車が手放しでも動く!」

「前進や曲がったりを繰り返す!」

ようなことができる面白い車!

というくらいのことを

子供にわかってもらう程度で

十分なのかなと思いました。

 

3歳の息子と遊んで感じたことは

初めは息子もぽかんとしており

親である僕の方が興奮して

遊んでいた!ということです(笑)

 

これは今すぐ!

子供にプログラミングというものを

覚えさせる!ということよりも

「なんだか面白い!」という

感覚から、徐々に少しずつ

「自分で考えて動かせる」

ということも学んでいってくれたら

それで良いかなという感じで

遊ぶのが吉かもしれません(‘ω’)

 

でも一生懸命命令カードを

車にかざそうとしてくれるので

なんとなくは子供にも伝わってる?

と感じたりもしています。

 

まぁ、何はともあれ

新しいことを学ぶのは

早いに越したことはありませんから

今からでも「プログラミング」に

「触れさせる」機会を

こんなおもちゃを通してでも

作ってあげれたら最高ですね!

 

幼稚園のお友達では

既に「プログラミング」を

習わせている!とか

習わせようと考えている!

という人も多いようです( ;∀;)

 

だからまわりに後れを取ることの

ないように今のうちから

「遊び感覚」で触れてみるのは

良いかもしれませんね。

 

本や教科書的なもので

学ばせようとしても

まだまだ早いし、

どこかに習わせようとしても

正直子供がやる気になるかは

全くわからない。

 

興味のない、

わからないものに

無理やり子供を従わせ

習わせようとしても

無駄な話です。

 

そして小さなうちから

いろいろなものに慣れておく

触れておくということが自然に

吸収する力も存分に発揮できます。

 

あとから勉強させようとしても

なかなか興味を持ってくれてなくて

困る!ということも出てくる。

 

だったら家で遊びながらできる

ことを楽しく親とできた方が

「楽しい」という感覚が残るし

そのうちでもプログラミング

というものに本気で興味を

持ってくれる可能性が高くなるのでは?

 

まずはおもちゃを通して

きっかけづくりから始めるのが

良いかもしれませんね。

 

値段もお手頃価格なので

ぜひお試しください♪

 

 


SNSでもご購読できます。

nendスポンサーリンク


★写真ギャラリー★

★ココナラにてご相談受付中★

子供が劇的に成長する遊びの考え方を共有します 子供とどうやって遊んだら良いのか悩んでいる方へ!

コメントを残す

*