遊び 

パパが子供との時間を積極的につくればワンオペは解消される!

おはようございます、keisukeです!

 

暑い日が続いていますね~

ようやく夏が来たな!という感じですね!(^^)!

 

今日は「パパの子供との接し方・パパが一緒にすること」について書きます。

ここでは対象をまだ小学校などに通っていない、いわゆる未就学児に限定します。

小学生や中学生ともなるとまた接し方は変わってきますからね。

 

未就学児をお持ちのパパ・ママは普段子供とどう過ごし、どう接しているでしょうか?

 

こうだ!というルールもないし正解もないのですが

特に普段育児になかなか関わる時間が取れないパパの子供との接し方、

どうやって接していけば良いものなのか?考えてみます。

そしてママはどうやってパパに育児に参加してもらうのが良いでしょうか?

 

接し方や関わり方なんて山ほどあります。

 

おもちゃで遊ぶ

一緒に身体を動かす

散歩する

絵本を読んであげたりする

一緒にご飯を食べる

ほめる

 

どれをとっても素敵な立派な子供との接し方です。

 

専業主婦のママであれば、一日中子供と接していることになりますし

どう接するも何もその時々でできることを!と考えているかもしれません。

 

しかし一方でパパは日中は仕事(夜勤の方ももちろん!)という方がほとんどでしょうから、

なかなか育児に関われる時間も少ないということも多いでしょう。

そんな育児時間の少ないパパにはどう接してもらいましょうか??

 

パパの平均育児時間は一日たった3.1時間・・

少し古いデータで申し訳ないですが、

約10年前くらいの厚生労働省のある数年前の出生児縦断調査では、

パパが普段育児に関わっている一日の平均時間はなんとたったの3.1時間だったそうです”(-“”-)”

ママは24時間365日なのに、パパはたった3.1時間

 

でも仕事もあるので仕方のないことでもあります。

だって仕事は大事じゃないですか!

仕事を頑張ってしているからみんなで楽しく生活できている!

早く帰宅して子供の世話ができるならもっとそうしたい!

そんな気持ちもある!

そういうパパは多いでしょう・・

 

最近ではパパも育児に協力的な方も増えてきているので

会社にも相談し早めに帰宅できるときにはそうさせてもらっているという方も多いようですね。

パパだって育児に参加したい!少しでもできることはやりたい!

そう考えているはずです(そう考えていてほしい・・)

 

じゃ、限られた少ない時間でどう接してもらうか?!

 

そこで、夜帰宅してから子供と一緒にお風呂に入ってもらう!ということも

スキンシップの一つとして取り入れてみたら良いのでは?><

 

子供が喜ぶ!お風呂でコミュニケーション!

冒頭にもいくつか子供との接し方について書きましたが

日中時間があればまだしも、

日中は不在でなかなか時間は取れません。

そう考えたときに夜一緒にお風呂に入る!ということは

最適なコミュニケーションの一つになるのではないかと思います~

(仕事で疲れているよ~なんてパパの声も聞こえてきそうですが・・)

 

ちなみに僕は毎日帰宅後に2歳半の息子と一緒にお風呂に入っています。

帰宅時間はだいたい20時前後です。

まず、僕が帰宅するとめちゃくちゃニコニコしながら喜んで

玄関までお出迎えしてくれます(笑)

それがめっちゃ可愛い!(親ばか!)

 

そして普段一緒にいれる時間が少ないから、

帰宅後はずっと後ろをついて回ります(^_-)-☆

で、一緒にお風呂に入る!

息子も流れがわかってきているようで、

あまりぐずることもなく一緒にお風呂に入れます。

 

最近ではお風呂に入って僕が身体をゴシゴシ洗っていると

息子も一緒になって手に泡を取って洗ってくれるのです(^_-)-☆

これまた最高に可愛い・・

 

そして

今日は一日どうだった~?

楽しかったかい?

何して遊んだの~?

 

などとできる会話?話しかけをして

コミュニケーションを取るようにしていますよ。

そうすると、子供も返答してくれる時はしっかりしてくれるし

泡に夢中になってされることもありますが、何だか良いコミュニケーション・

スキンシップの時間になっているかな?と感じています。

 

各家庭で、パパとママでできることを話し合ってみて

できることをやってあげるのが良いのかな?と思いますね。

うちはたまたま夜一緒にお風呂に入る!ということでしたが

他のことだって当然良いのです。

要は普段なかなか育児の時間が取れないパパがいかに

子供と接していくかと考えることが大切なのですから!

 

そしてママはパパにこうお願いしてみてください。

 

「日中できることは私ももちろんやっている。

ちょっと相談なんだけど、あれもこれもとは言わないから

夜仕事から帰ってきて、疲れてるかもしれないけど

〇〇(子供)ちゃんをお風呂にだけ入れてくれないかな?

入れてくれたらものすごく助かるんだよ~」

 

こうお願いされたら、パパはなんだかんだで動いてくれるはずです。

というかそう期待しましょっ(^^)/

 

決して、

パパ!私も忙しいんだから、お風呂くらい入れてよ!

なんて言い方はしないでください(笑)

 

ママにも事情はあるでしょうが

パパにも事情があります。

お互い言い方には気をつけましょうね(*’ω’*)

 

パパとママがお互い気持ちよく子供に向き合えれば子供もそれを感じるし

育児もパパとママで協力できることが少しでも増えてくれば

ママのワンオペ育児も解消されていくでしょう。

(全ての家庭がワンオペ育児ということでは当然ありませんよ!)

 

 

子供の能力アップに最適!公園で好きなだけ自由に遊ばせるススメ!

おはようございます、keisukeです。

 

今日のテーマは「子供の遊びは公園で十分!ということについて書いていきます。

 

公園で遊ぶ・・

たびたび公園で遊ぶことについてこのブログでも書いていますが

子供を遊ばせるときの定番ともいえる公園。

近年は、外にあまり連れて行かない。とか公園で遊ぶとたくさん他の子供もいるし

いろいろな遊具もあって危ない!と考えるようなパパ・ママもいるようです。

 

考えや価値観はたくさんあって良いのですが

子供の成長を考えたとき、遊ばせながら成長させたいと考えたとき

公園で遊ぶ、ということにはすごく良いことがたくさんあるのです。

 

例えば、

家の中では味わえない遊具で遊ぶことの楽しさ・臨場感

どうやって遊べば良いのか、考えながら遊ぶことで身に付くアイディア力

時に他の子供の群れに入り、一緒になって遊ぶことで養われる協調性

 

公園で遊ぶということには非常に多くの子供の成長ポイントが隠されているのです(^^♪

だからできるだけ、遊びの一環として「公園で遊ぶ」ということを経験させるべきなのです。

 

公園で養われる様々な能力!

遊びには様々な種類があり、その一つ一つに子供が成長できるポイントが実はあるのです。

遊びの定番ともいえる「公園での遊び」はその最たるものだと感じます(‘ω’)

 

公園で遊ぶと子供はどんな能力が身に付くのでしょうか??

  1. たくさんの遊具に触れることで、その遊び方を自分自身で考えるようになる!
  2. 危険なこと安全なことの区別ができるようになる!
  3. 自分ができること、まだできないことの判断ができるようになる
  4. 恐いという感情も育まれる
  5. 他の子供の遊び方をまねたり、群れたりすることで周りを見れるようになる

 

ざっと簡単に挙げるだけでもこれくらいはすぐに出てきます。

1については、本当にそうだな~と感じますが、公園にはたくさんの遊具があります。

その遊具の種類は公園により様々ですが、

滑り台があったり、砂場があったり、アスレチックジムのようなものがあったり、

木登りできる遊具、綱渡りできるようなもの、、

本当に面白いくらいたくさんあります(*’ω’*)

 

休日になれば公園に遊びに出かけることがほとんどなので感じますが

最近の公園は進化しているな~と思いますね。

半屋内のような公園もあって、親がくつろいだりお茶したりできるスペースがありながら

子供は向いの公園で遊んでいる、親はその姿を近くで見ていられる、なんて場所もありました。

 

子供はいろいろな遊具を目の前にして、

これはどのように遊ぶんだろ~?

こんな遊び方はできるかな?

こういうふうに上るのかな??

子供はちっちゃい体でいろいろ考えながらも

必死に遊具に向かっていきます。

これが些細なことですが、子供の考える力を身に付けるきっかけにもなります。

 

2、3、4は同じようなことになりますが、遊んでいると、この遊具は危なさそうとか実際に自分でやってみて

上れない、できないということが子供はわかってきます。

それが大事で、その区別ができるようになると

できないことをできるようになりたいと何回も何回も無心に遊具に向かっていきます。

そして、この遊具はまだ危ないし、怖い・・

というような感覚も芽生えてくるので、

自分で判断できるように徐々になってきます。

反対にこれができないと、どこでもかんでもいろいろな遊具に向かってしまい

実際に子供がケガをしてしまう可能性も出てきます。

自分で制御する、ということも少しずつ覚えてきます。

 

5も大切で、公園に行けばたくさんの他の子供も遊んでいます。

それを見て、自分で真似てみたり、一緒になって遊ぶことで

周りを見ながら遊ぶということも少しずつでもできるようになってくるものです。

 

公園ではとにかく自由に好きなように遊ばせる!

上に挙げた5項目を踏まえたうえで、

やはり子供には公園でたくさん遊ばせてあげましょう!(^^)!

 

いろいろな遊具に触れて創造力もつくし

自分自身で考える、できるできないがわかってくる、、

たくさんの能力がつく公園遊び。

 

お金もかからず時間を作って遊ばせることで

子供も遊ぶことの楽しさもわかってきます。

 

そして公園で遊ぶときにもう一つ大切なことは

親が、こうしなさいとかあれしなさいというような指示を出すようなことはしない!

ということです。

 

指示してしまうと子供は自分で考えることがそもそもできなくなってしまいます

言われたとおりにしかできなくなるので、極力は自分で考えさせて

自由に好きなようにさせてあげるということが必要になってきます。

 

指示というより、こうしたほうが良いんじゃない?

危ないから気を付けてね!

 

そんなアドバイスのような言い方をしてあげると良いと思いますよ(^^♪

 

子供にとってはとにかく遊ぶ!ということが仕事です。大切です。

 

基本どこでも遊べるものですが、

公園という「立派なおもちゃ」を活用して

子供の能力をグングン伸ばしていければ最高ですね(^^)/

 

それでは今日も暑さに負けず楽しんでいきましょっ!

 

 

 

 

 

 

 

子供の日焼けが心配?適度に太陽光を浴びることは子供の発達促進へ!

子供の外遊び

おはようございます、keisukeです!

 

今日は「子供の日焼け」について書きます。

 

◆こんな方に読んでほしい!◆

  • 子供の日焼けが心配!
  • 外で遊ばせたいけど日焼けさせたくない!
  • 日焼け対策はあるの?と心配!

 

◆この記事を読めばわかること◆

  • 日焼け対策を上手に行えば外遊びもOKだ!
  • 日焼けは対策ができる!
  • 日焼けの有害性がわかった上で外遊びがやっぱり必要だ!

続きを読む

子供をどうやって遊ばせる??悩むだけ時間の無駄!

筒の中の子供

こんばんは、keisukeです!

 

今日は「子供とどう遊ぶか??」についてです。

 

当ブログでは、散々遊びについて書きてきましたが

子供とどう遊んだら良いのか?遊び方がわからないとか誰と遊ばせたら良いのか?とか

そんなことを考えて悩んでいるママがここ最近急増してるとか?!

続きを読む

子供に強制させない育児。無理に遊ばせないことも大切!

外をお散歩

おはようございます、keisukeです。

 

今日は、「子供に強制させない育児」についてです。

親は誰でも子供に対して、お願いをしたり、指示をしたり、あるいは強要したりすることが

日常的にあるものです。

しかし、この親からの強制、ということは良くないのです。

続きを読む

子供と散々遊び終わった後に必ずやるべき事。

遊んだ後のクレヨン

おはようございます、keisukeです。

 

今日は子供と遊んだ後に何をするか?についてです。

普段からたくさん遊び、

一日楽しかったなー!と充実感に満ちた気持ちにで溢れることも多いでしょう。

でもそのままにしていませんか?

続きを読む